企業活力強化資金


「企業活力強化資金(企業活力強化貸付)」のご融資を通じて、合理化等のための設備投資を行う商業関連業種を営むみなさまのお手伝いをさせていただいております。

詳しくは、支店の窓口までお問い合わせください。

企業活力強化資金の概要

ご利用いただける方
  • 商業振興関連
    次のいずれかの業種の事業を営まれる方
    (1)
    卸売業
    (2)
    小売業
    (3)
    飲食サービス業
    (4)
    サービス業
    (5)
    不動産賃貸業(注1)
  • 下請中小企業振興法関連
    下請中小企業振興法(昭和45年法律第145号)第8条の規定に基づき特定下請連携事業計画の認定(変更認定を含む。)を受けた連携体を構成する方
  • 空家等対策関連
    不動産賃貸業を営む方であって、空家等対策の推進に関する特別措置法(平成26年法律第127号)第6条に規定する空家等対策計画を策定している市町村の区域内において老朽化した賃貸用不動産の改修(注2)を行う方
資金のお使いみち
  • 「ご利用いただける方」の1に該当する方が、次のいずれかを行うために必要な設備資金および運転資金(ただし、(5)の資金は運転資金に限ります。)
    (1)
    合理化、共同化等を図るための設備の取得(店舗、仕入・配送・販売設備など幅広い用途にご利用いただけます。)
    (2)
    セルフ・サービス店の取得
    (3)
    ショッピングセンターへの入居
    (4)
    新分野への進出(中心市街地関連地域(注3)で事業を営まれる方に限ります。)
    (5)
    販売促進、人材確保(運転資金のみ)
    (6)
    空き店舗への入居
    (7)
    地域商店街活性化法関連
  • 「ご利用いただける方」の2に該当する方が、認定計画の実施のために必要とする設備資金および運転資金
  • 「ご利用いただける方」の3に該当する方が、賃貸用不動産を改修するために必要とする設備資金
融資限度額 7,200万円(うち運転資金4,800万円)
ご返済期間 設備資金 20年以内<据置期間2年以内>
運転資金 7年以内<据置期間2年以内>
利率(年)
担保・保証人 お客さまのご希望を伺いながらご相談させていただきます。

(注1)中心市街地の活性化に関する法律第15条第1項各号に定めるまちづくり会社等に限ります。

(注2)新築、建て替えおよび増築の場合は対象外となります。

(注3)中心市街地関連地域につきましては、支店の窓口までお問い合わせください。

ページの先頭へ