【国産農林水産物の利用促進】(食品産業)

未利用の漁業資源の利用増進に取り組み、製造ラインなどを増強しました。


お客さまプロフィール

名称 株式会社平松食品
都道府県

愛知県

業種

水産加工業

融資対象

冷蔵施設、佃煮製造設備

利用資金

水産加工資金

株式会社平松食品

株式会社平松食品

Q1. 投資のきっかけや内容について教えてください。

当社では、地域で未利用の漁業資源を使った新商品「つくだ煮ジュレ」(※)を地元水産高校と共同開発。消費者に好評で増産が必要でした。
既存の製造ラインと冷蔵施設だけでは十分な対応ができないため、設備の増強に踏み切ることにしました。

(※)つくだ煮をジュレ仕立てのソースでからめ、ご飯にのせて手軽に食べられる商品。

Q2. 公庫資金を利用されたポイントは何ですか?

長期・固定金利は大きな魅力です。特に、10年を超える返済期間を設定できるので、投資後も負担を抑えながら安心して事業に取り組むことができます。また、日本公庫が、未利用資源の活用により地域活性化に取り組む姿勢を評価してくれたこともポイントでした。

Q3. 公庫資金を活用されていかがでしたか?

今回の投資により、取引先からの増産要望にも円滑に応えることができました。今後は、製造ノウハウの蓄積を通じて、農産物を使った商品や、高齢者向けの介護食品の開発にも取り組んでいきたいと考えています。

ページの先頭へ