ご利用条件

  • お子さまの人数に応じて、幅広い世帯年収の方に対応(世帯年収200万円以下の方には優遇制度もあり)
  • 幅広い学校・多様な使いみちに対応
    • 大学・短大はもちろん、専門学校や高校の資金にもご利用可能
    • 入学金や授業料だけでなく、定期代やパソコン購入費にも使える
  • 日本学生支援機構の奨学金との併用もOK

ご利用いただける方(世帯年収(所得)の上限額について)

ご融資の対象となる学校に入学・在学される方の保護者(主に生計を維持されている方)で、世帯年収(所得)が次表の金額以内の方が対象となります。

お申込みいただく方の世帯で扶養しているお子さま ? の人数によって、世帯年収(所得)の上限額 ? が異なります。

「お子さまの人数」とは、お申込みいただく方の世帯で扶養しているお子さまの人数をいいます。年齢、就学の有無を問いません。
お子様の人数が6人以上の場合は、教育ローンコールセンターへお問い合わせください。

※世帯年収(所得)には、世帯主のほか、配偶者等の収入(所得)も含まれます。
※給与所得のある方は「年収」の数字をご覧ください。
※事業所得者は括弧内の数字をご覧ください。

お子さまの人数世帯年収(所得)の上限額
1人790万(590万)
→上限が990万円(770万円)まで緩和される要件について
2人890万(680万)
→上限が990万円(770万円)まで緩和される要件について
3人990万(770万)
4人1,090万(870万)
5人1,190万(970万)
  • 括弧内の金額は事業所得者の場合の所得上限額です。
  • 世帯年収(所得)には、世帯主のほか、配偶者等の収入(所得)も含まれます。
  • 今年の世帯年収(所得)が上記の金額以内となる見込みのある方(以下の1-8の要件に該当する見込みある方を含む。)は、ご利用いただける場合があります。
  • ご親族などでもご利用いただける場合があります。
  • 独立行政法人日本学生支援機構の奨学金と併せてご利用いただけます。
  • 審査の結果、お客様のご希望に沿えないことがあります。

お申込人になることができるのは、6親等内の血族、配偶者および3親等内の姻族です。
例えば、お子さまの方からみますと、おじいさん・おばあさんやご兄弟(ご姉妹)は2親等の血族、おじさん・おばさんは3親等の血族にあたりますので、いずれの方もお申込人になることができます。

24時間365日受付中 インターネットお申込み

まずは「借入申込書」をご請求ください
※パソコンでインターネットお申込みも可能です

ナビダイヤル 0570-008656

→お手続きの流れについて詳しくはこちら

お子さまが2人以内の場合(世帯年収(所得)上限額の緩和条件について)

お子さまが2人以内の場合、以下の1~8の要件のいずれか一つに該当する場合、990万円(770万円)まで上限額が緩和されます。

「お勤め(営業)の年数」や「お住まいの年数」に関する要件
1. 勤続(営業)年数が3年未満
2. 居住年数が1年未満
「自宅外通学(予定)」や「単身赴任」に該当する方
3. 世帯のいずれかの方が自宅外通学(予定)者
4. 借入申込人またはその配偶者が単身赴任
資金使途に関する要件
5. 今回のご融資が海外留学資金
「お借入の負担」や「介護費の負担」に関する要件
6. 借入申込人の年収(所得)に占める借入金返済の負担率が30%超 ?
7. ご親族などに「要介護(要支援)認定」を受けている方がおり、その介護に関する費用を負担
災害特例措置
8. 大規模な災害により被災された方

負担率は
借入申込人の「今後1年間の借入金返済額÷年収(所得)」
となります。

負担率は
「今後1年間の世帯全員の在学費用÷世帯年収(所得)」
となります。

負担率は
「「今後1年間の世帯全員の在学費用+今後1年間の住宅ローン返済額」÷世帯年収(所得)」
となります。

  • 世帯年収(所得)上限額の緩和によりお申込み可能となる場合、追加の書類をご提出していただく必要がございます。詳しくはお申込みに必要な書類をご覧ください。
  • 「災害特例措置」による上限額の緩和をご希望される場合は、インターネット申込をご利用いただけませんので、教育ローンコールセンター(0570-008656または(03)5321-8656)にお問い合わせください。

よくある質問

収入(所得)に下限はありません。お客さまのご事情をお伺いしたうえで、検討させていただきます。
ただし、審査の結果、お客さまのご希望に添えないことがあります。

今年の世帯年収(所得)がご利用いただける方の世帯年収(所得)の上限額以内となる見込みのある方は、ご利用いただける場合があります(ご利用いただける方の世帯年収(所得)の上限額はこちらをご覧ください。)。

ご両親のうち、主に生計を維持されている方にお申込人になっていただいておりますが、例えば、成人されており、勤務収入などの安定したご収入があって、独立して生計を営んでいらっしゃる方であれば、学生ご本人がお申込みいただける場合もございます。

ご融資の対象となる学校

修業年限が原則6ヵ月以上で、中学校卒業以上の方を対象とする教育施設が対象となります。

  • 大学、大学院(法科大学院など専門職大学院を含みます。)、短期大学
  • 専修学校、各種学校、予備校、デザイン学校
  • 高等学校、高等専門学校、特別支援学校の高等部
  • 外国の高等学校、高等専門学校、短期大学、大学、大学院(原則6ヵ月以上の留学に限ります。)
  • その他職業能力開発校などの教育施設など
  • 学校によっては一定の要件を満たす必要があります。
  • 義務教育期間中の費用は対象とはなりません。
  • 外国の教育施設から条件付き(語学力の向上など)で入学が許可されていて、その条件を満たすために修学する教育施設(語学学校など)の場合、修業年限3ヵ月以上の施設が対象となります。

お使いみち

学校納付金以外にも幅広くご利用いただけます。

  • 学校納付金(入学金、授業料、施設設備費など)
  • 受験にかかった費用(受験料、受験時の交通費・宿泊費など)
  • 在学のため必要となる住居費用(アパート・マンションの敷金・家賃など)
  • 教科書代、教材費、パソコン購入費、通学費用、修学旅行費用、学生の国民年金保険料など
  • 今後1年間に必要となる費用がご融資の対象となります。
  • 入学資金については、入学される月の翌月末までご融資が可能です。

10日前後でご回答
(後からキャンセルも可能です)

24時間365日受付中 インターネットお申込み

まずは「借入申込書」をご請求ください
※パソコンでインターネットお申込みも可能です

ナビダイヤル 0570-008656

お電話でのお問い合わせ・資料請求

教育ローンコールセンターへお気軽にお問い合わせください。

ナビダイヤル 0570-008656

月〜金 9:00〜21:00 / 土曜日 9:00〜17:00

※日曜日、祝日、年末年始(12月31日〜1月3日)はご利用いただけません。

※全国から市内電話通話料金でご利用いただけます。

※ご利用いただけない場合(公衆電話、衛星電話、IP電話の一部、CATV電話など)は03(5321)8656までおかけください。

店舗でのご相談・お申込み

全国の支店窓口で、いつでもご相談を受け付けております。

お近くの店舗を探す

お問い合わせ・資料請求

教育ローンコールセンター

ナビダイヤル 0570-008656

月〜金 9:00〜21:00
土曜日 9:00〜17:00

※ご利用いただけない場合(公衆電話、衛星電話、IP電話の一部、CATV電話など)は03(5321)8656までおかけください。

ページの先頭へ