国民生活事業の業務の概要

国民生活事業は、地域の身近な金融機関として、小規模事業者や創業企業の皆さまへの事業資金融資のほか、お子さまの入学資金などを必要とする皆さまへの教育資金融資などを行っています。

数多くの小規模事業者への小口融資

セーフティネット機能の発揮

創業企業、事業再生などを支援

ソーシャルビジネス、海外展開を支援

商工会議所・商工会、地域金融機関、生活衛生同業組合などと連携

教育ローンによる支援

融資実績の内訳(平成29年度) 金額2兆3,638億円、特別貸付68.4%(特別貸付のうち、セーフティネット貸付47.5%、その他特別貸付20.9%)、普通貸付(一般貸付)9.0%、経営改善貸付11.5%、生活衛生貸付(生活衛生改善貸付を含む)3.5%、教育貸付7.4%、恩給・共済年金担保貸付等0.3%
事業資金の融資実績の推移 平成24年度24,073億円、27万件、平成25年度22,771億円、26万件、平成26年度22,361億円、25万件、平成27年度21,158億円、26万件、平成28年度22,613億円、27万件、平成29年度21,825億円、26万件

ページの先頭へ