セーフティネット機能を発揮

経営環境や金融環境の変化などにより資金繰りに影響を受けた小規模事業者の皆さまへの平成29年度の「セーフティネット貸付(震災を含む)」の融資実績は108,796件となりました。

また、東日本大震災や平成28年熊本地震などの災害、大型の企業倒産などの不測の事態が発生した場合、直ちに特別相談窓口を設置し、影響を受けた小規模事業者の皆さまからの融資や返済条件の緩和などのご相談に迅速に対応しています。

地震、台風、豪雪などによる災害時には、一般の融資よりも返済期間や元金の据置期間が長いなど、返済条件が有利な災害貸付を通じて、被害を受けた小規模事業者の皆さまの復旧・復興を支援しています。

平成23年3月11日に発生した東日本大震災に関連する国民生活事業における融資実績は、震災の発生から平成30年3月末までで237,352件、2兆2,415億円となっています。

平成28年熊本地震による災害に関連する国民生活事業における融資実績は、平成30年3月末までで16,394件、1,417億円となっています。

現在設置中の特別相談窓口(平成30年5月末現在)
  窓口数 窓口名称 設置年月
災害関連 8 東日本大震災に関する特別相談窓口 平成23年3月
平成28年熊本地震による災害に関する特別相談窓口 平成28年4月
平成28年新潟県糸魚川市における大規模火災に関する特別相談窓口 平成28年12月
平成29年6月7日から7月27日までの間の豪雨及び暴風雨による災害に関する特別相談窓口 平成29年8月
平成29年台風第18号に係る災害に関する特別相談窓口 平成29年9月
平成29年台風第21号に係る災害に関する特別相談窓口 平成29年10月
平成30年2月4日からの大雪による災害に関する特別相談窓口 平成30年2月
平成29年度豪雪に関する特別相談窓口 平成30年2月
その他 1 ロシア水域におけるさけ・ます流し網漁禁止関連特別相談窓口 平成27年12月

東日本大震災関連の融資実績の推移(累計)

ページの先頭へ