創業企業を支援

創業企業を積極的に支援しています

創業支援

営業実績が乏しいなどの理由により、資金調達が困難な場合が少なくない創業前及び創業後間もない方に対して積極的に融資を行い、支援しています。

令和2年度の創業前及び創業後1年以内の企業への融資実績は4万580先となりました。これにより年間約13万人の雇用が創出されたと考えられます。

創業前及び創業後1年以内の企業に対する融資実績(先数)の推移

女性・若者・シニア起業家を支援

女性の日常生活のなかで感じた小さな「気づき」をもとにした創業、若者ならではの斬新なアイデアを活かした創業、シニアならではの長年の経験を活かした創業など、経済社会が多様化するなかで、創業の裾野が広がっています。このような女性・若者・シニア起業家の皆さまについても積極的に融資を行っています。

女性・若者・シニア起業家への創業融資実績(先数)

創業サポートデスクの設置

全国152支店に創業サポートデスクを設置し、専任の担当者が創業計画書の作成についてのアドバイスや、創業に関するさまざまな情報提供を行っています。

創業支援センター、ビジネスサポートプラザを設置し、創業・第二創業(注)の支援体制を整備しています

全国各地に創業支援センターやビジネスサポートプラザを設置し、幅広い創業・第二創業支援を行っています。

(注)第二創業とは、経営多角化や事業転換等を図ることをいいます。

「創業支援センター」を全国各地に設置

北海道から九州まで全国15ヵ所に設置しています。各地域の創業支援機関などと連携し、創業前、創業後のさまざまなステージのお客さま向けに各種セミナーを開催するなど、お客さまへタイムリーな支援を行っています。

「ビジネスサポートプラザ」を全国各地に設置

札幌、仙台、東京(新宿)、名古屋、大阪、福岡の6ヵ所に設置しています。創業予定の方や日本公庫を利用されたことがない方などを対象に、予約制の相談を実施しています。平日の営業時間内のご相談が難しい方向けに、「土曜・日曜相談」も実施しています(祝日を除く)。

(注)「日曜相談」は、毎月第1・3日曜日に「東京(新宿)ビジネスサポートプラザ」で実施しています。

設置地区(令和3年6月時点)

革新的な事業に挑戦する企業を積極的に支援しています

研究開発型ベンチャー企業など、革新的な技術・ノウハウを持ち、高い成長性が見込まれる小規模事業者の皆さまを積極的に支援しています。期限一括返済や業績に応じた金利設定などに特徴を有し、金融機関による資産査定上、「借入金」ではなく「自己資本」とみなすことができる「資本性ローン」を活用し、高い技術力を持ちながら、研究開発資金などの負担が大きい企業の皆さまを支援しています。

産学連携を支援

小規模事業者の方からの技術相談に関する大学への取次ぎや大学発ベンチャー企業への融資などを通じて、産学連携を支援しています。

ページの先頭へ