業務の瞬間を追う

PREV NEXT
    • Scene01 企業訪問

      山梨県中西部の中小企業約100社を担当しています。定期的に担当先を訪問し、業績の確認などを行いながらさまざまな融資相談に対応しています。

    • Scene02 借入相談

      担当先を訪問する中で、A社から融資相談を受けました。相談内容は、主力販売先からの要請に対応するため、新たに工場を建設したうえで機械設備を取得する大型の投資計画です。必要金額5億円のうち、3億円を民間金融機関2行に、2億円を日本公庫に申込みたいとのことでした。同日に、借入申込みに必要となる資料を依頼します。

    • Scene03 資料分析

      後日届いた事業計画書を分析し、融資が可能か否か、まずは自分なりに評価します。併せて、A社の業界動向について情報収集するため、公庫の本部が発行する資料や外部機関レポートを精読します。

    • Scene04 案件検討会

      分析した資料をもとに、上席を交えてA社の計画に対して融資可否を判断するための検討会を実施します。手続きを進めるにあたっての融資審査ポイントを組織的に共有します。今回は、A社の事業計画書の精査、主力取引先の生産計画、協調を予定している民間金融機関の支援方針の3点がポイントとなります。

    • Scene05 現地調査

      検討会を踏まえ、再度A社に訪問し社長と面談します。売上見通し、資金計画など、事業計画書の項目ごとに細かくヒアリングし、計画書が実現可能性かどうかをチェックします。

    • Scene06 主力販売先問合せ

      主力販売先を訪問し、業界動向、生産計画、A社の評価などについてヒアリングします。

    • Scene07 バンクミーティング

      協調融資を予定している3行の担当者が日本公庫に集まり、今回の計画について最終的な意見交換を行いました。

    • Scene08 貸付りん議

      これまでの審査の結果を案件の決裁者(事業統轄)に報告し、貸付りん議を作成します。A社の計画について日本公庫としての「収支予想」や「主力販売先への確認結果」などの添付資料を揃え、りん議を起案します。

    • Scene09 融資契約・送金

      貸付りん議の決裁が無事に下りたため、社長に来庫していただき、融資契約手続きを行います。総括課の職員が契約内容を丁寧に説明し、送金手続きを行いました。

    • Scene10 事後フォロー

      契約から6カ月後、無事に新工場が完成しました。その後も定期的にA社を訪問し、事業計画の進捗状況や日々の資金繰りについて確認し、A社の円滑な事業運営のため、必要に応じて情報提供やアドバイスなどのコンサルティングも行います。

    ※掲載内容および職員の所属は取材当時のものです。