業務の瞬間を追う

PREV NEXT
    • Scene01 融資相談

      老人介護施設で勤務する経験を活かし、介護事業の創業を目指すAさんへの創業融資についてご相談を受けました。

    • Scene02 融資申込

      後日Aさんと支店でお会いし、創業計画の概要をお聞きしたうえで、創業者の方も利用できる「ソーシャルビジネス資金」を提案。申込書、創業計画書の記入の仕方をご説明し、審査に必要な書類をご案内しました。

    • Scene03 事前準備

      申込書などを受領後、融資審査のための面談の準備を行います。創業予定地を地図で確認し、インターネットで周辺の介護事業所数を調査。日本公庫総合研究所のデータで、介護事業の平均的な指標(売上高総利益率、従業者一人あたり人件費など)の確認も行います。

    • Scene04 ご面談

      Aさんと支店で面談。事業計画や収支見通し、開業に必要な資金計画等を伺います。営業実績のない創業審査では、創業者の経験や知識、自己資金を含めた準備状況のほか、創業に対する熱意も重要なポイントです。面談ではAさんから、「勤務時代の経験を活かし、子供の頃から慣れ親しんだ地域に、介護事業で貢献をしたい。」という熱い想いを伺うことができました。

    • Scene05 実地調査

      創業予定地となるテナントを訪問します。利用者やご家族の方が足を運びやすい立地か、競合他社はないかなどを、足を運んで実際に自らの「目」で確認することも重要な審査のポイントです。

    • Scene06 りん議書の作成

      面談や実地調査で確認した事項を整理し、担当者としての意見をりん議書にまとめます。今回は、テナントへの入居保証金や送迎に必要な車両購入代金、当面の運転資金など、Aさんが必要とする資金を満額融資する意見としました。

    • Scene07 支店内決裁

      りん議書を課長に提出します。調査が足りないころがあると、課長から再調査を指示される場合もあります。最終的に事業統轄(支店長)の決裁が下りれば融資決定です。

    • Scene08 融資決定通知

      お客さまに、希望どおり融資が決定したことを連絡し、契約手続きをご案内します。この時、お客さまからいただいた「ありがとう」の一言がやりがいにつながります。

    • Scene09 契約締結

      契約手続は、契約担当者が行います。契約を終えたAさんから改めてお礼の言葉をいただき、お見送り。お客さまの喜びが私の一番のエネルギーです。

    • Scene10 フォローアップ

      開業後、お客さまを訪問し、予定どおりの設備が導入されているか確認。創業後、頑張っている経営者の方を見ることも私のやりがい。お客さまから、納税手続きが分からないので、税理士を紹介してほしいとのご要望をいただき、県の税理士会にお取次ぎしました。融資だけでなく、開業後も定期的なフォローアップを行い、「公庫ファン」となっていただくよう努めています。

    ※掲載内容および職員の所属は取材当時のものです。