得意分野の幅を広げることが、さらなる自己成長につながる。

成長を感じた瞬間

入庫当初は、経営者の夢を叶えるために必要な資金を供することが金融機関の役割だと、漠然と考えていました。しかし、企業の経営課題は、規模の大小や成長ステージによってさまざまで、解決方法は一つではありません。夢を叶えるためのステップはいくつもあり、その支援を行うことこそが、金融機関の役割だと感じるようになりました。融資のご相談に、表面的にお応えするだけではなく、決算書や現場の状況、経営者の方のお話しを伺い、10年後の姿を想像することで、別の提案を行うことが最善なこともあります。これまでの業務経験により、資金の融資に加え、経営に関するさまざまな相談を受けたときの解決策を数多く持てるようになったことが、私なりの成長を感じる瞬間です。

入庫後の印象と働きやすさ

2つの支店で農林水産業への融資業務や支店の運営、各課の調整業務を計5年担当。その後、専門分野を広げるために社外へ出向しました。日本公庫へ復帰後は本店で顧客サービスや融資事務の改善を担う部署に勤務しています。これまでの幅広い業務経験が現在の仕事に大きく役立っています。農林水産業は地域によってさまざまな特徴があること、大規模な法人や特色ある経営が全国各地に増えていることから、複数の地域を担当して、いろいろな経営を学ぶことも重要だと思っています。

成長のために大切なこと

「こういう自分になりたい」とイメージすることです。特に影響を受けたのは別業界へ転職した知人と、長崎支店時代に関わった市中銀行の担当者です。「勉強して自信を持てばどんな仕事でもできる」ということを現実的に感じたことや、金融サービスを使いこなし、さまざまな提案を行っている姿をみて憧れを持ちました。彼らに近づくため、得意分野を広げるための勉強・資格取得に取り組み、仕事の幅を広げたいとの思いから、出向を希望しました。特にその頃は将来なりたい自分の姿が実在の人物と重なっていたので、目標がより明確だったと思っています。

今後、取り組んでいきたいこと

現在担当している業務改善プロジェクトを継続して進めたい、または本店の他の部署で日本公庫全体を見たいという気持ちがある一方で、出向した時の経験を生かすため、30代のうちにもう一度支店で融資業務を担当したいという思いもあります。ただ、どこの部門に異動してもキャリアアップにつながることは間違いないので、担当する業務に全力で取り組みたいと思います。

  • 平成15年
    (2003年)

    名古屋支店
    農業融資担当
    農業融資の基礎を学ぶ。
    農業融資に携わり、施設園芸(野菜、花き)が盛んな地域を担当。お客様のお話しをよく聞いて、業界事情や農業生産に関する知識を吸収することに全力を傾けた。
  • 平成17年
    (2005年)

    名古屋支店
    総務・共通事務担当
    支店の業務や運営を学ぶ。
    支店の運営や各課の業務調整を担当。間接業務を経験することで、仕事の視野が広がる。
  • 平成19年
    (2007年)

    長崎支店
    林業水産融資担当
    徐々に大型案件を担当。
    初めての転勤を経験し、林業水産融資を担当。担当する会社の規模、案件の難易度も上がり、緊張しつつも充実した時期を送る。民間金融機関と連携するなかで、キャリアアップへの意識を強く持つ。
  • 平成22年
    (2010年)

    アグリビジネス
    投資育成(株)出向
    農業経営に関る視野を広げる。
    専門分野の幅を広げるために出向を希望。法人の資本政策や事業継承、税務に対する理解を深めるとともに、全国の有料経営体を担当することで、農業経営に対する視野が広がる。
  • 平成24年
    (2012年)

    農業水産事業部
    業務改善担当など
    組織全体の業務を俯瞰。
    出向復帰後は、本店で融資事務や業務の改善を担当。事務の円滑化と金融機関としての適正な事務のバランスに配慮しつつ、本店内の多くの関係部署との調整業務を行っている。

※掲載内容および職員の所属は取材当時のものです。