ソーシャルビジネスに取り組むお客さまを支援するためにさまざまな施策を行う

現在の仕事内容

私が所属する部署では、ソーシャルビジネスに取り組む事業者の方を、資金面と情報面から支援するための企画立案を行っています。人口減少・高齢化が急速に進む中、多様化・複雑化する課題の解決に取り組むソーシャルビジネスに対する期待が高まっています。ソーシャルビジネス事業者は、「地域・社会をよりよくしたい」という熱い思いを優先するあまり採算性が低くなりがちなため、資金面からの支援はもちろん、経営基盤の強化に向けた情報面からの支援も必要となります。具体的には、日本公庫をご利用いただいたお客さまの取組み内容や融資の活用方法、ソーシャルビジネスに関する最近の動向やトピックスなどを、ホームページや冊子を通じて広く発信しています。

やりがいを感じる時

お客さまにインタビューした際、「非営利企業は融資が受けられないと思っていた。日本公庫から融資を受けることができて本当に助かった」という声をよくいただきます。支店とは違ってお客さまへの融資に直接関わることはありませんが、融資の推進に向けた取組みや情報発信が、間接的に融資に結びついていると感じています。また、自分が作成した広報物に対して、「すごくよかった。活用できる」と好評をいただけた際は、努力して作った甲斐があったと嬉しく思います。私自身、ソーシャルビジネス事業者やその支援機関の方とお会いする機会が多いのですが、「社会を変えたい」という熱い想いに刺激を受けることが多く、仕事へのやりがいにもつながっています。

思い出に残るエピソード

入庫3年目で初めて審査を担当した理容室のお客さまのことです。私自身もそうでしたが、お客さまも金融機関への相談は初めてとのことで、お互いに緊張した中での面談でした。聞きたいこともうまく聞けず、今思うとかなり拙い面談内容だったと思います。しかしそのお客さまからは、「最後まで私の話を真剣に聞いてくれてとても嬉しかった。梅澤さんに担当してもらえてよかった」と仰っていただきました。分からないなりにも一生懸命向き合ったことが伝わったのだと思います。経験を重ねると、つい自分中心に話を進めたり金融機関目線での話をしてしまいがちですが、そんな時は当時の記憶を思い起こし、お客さま目線第一を心がけるようにしています。

将来の夢

日本公庫に入庫して約10年経過しましたが、いまだに学ぶことが多く、自分の力不足を感じています。これまでは若手ということで、先輩や上司に助けてもらいながらきましたが、今後は自分が後輩に背中を見せ、引っ張っていく立場となります。安心して仕事を任せられる、気軽に相談できる、そんな周りから頼りにされる職員を目指して知識や経験を積み、自己研鑽に励んでいきたいと考えています。また、将来的には仕事と家庭を両立し、活き活き働くキャリアママを目指しています。

ある一日

8:30 出社
当日のスケジュールの確認、メールのチェックを行います
9:00 資料作成・説明
前日までに集計・分析した融資実績のデータをもとに、資料作成を行います。作成後、上司に報告し、修正などの指示を仰ぎます
10:30 資料修正
上司からの指示を踏まえ、新たな切り口からの分析を行い、資料を修正します
11:30 昼食
社内の食堂でグループ内の同僚と昼食。食後はコーヒーを買ってのんびり過ごします
12:30 支店からの照会対応
支店からの融資実績にかかるデータの照会や資料作成に対応します
13:30 業者との打ち合わせ準備
外部業者との打ち合わせで使用する資料の準備を行います
14:30 打合せ
作成する冊子の内容などについて、外部業者と話し合いを行います
16:30 打合せ内容の整理
打合せで出た意見などを忘れないうちに整理し、上司への報告の準備を行います
17:10 退社
明日以降のスケジュールを確認し退社
19:00 帰宅・夕食
夕食の買い物をすませてから帰宅。のんびり夕食を作りながら夫の帰りを待ちます

Personal Message File

学生時代

学生時代は、飲食店と家庭教師のアルバイトを掛け持ちし、バイト三昧の毎日でした。入庫してからは、お客さまや外部機関の方、職場の人など、さまざまな方と接することになりますが、コミュニケーションを図るうえで、当時の経験が生かされていると感じています。

日本公庫(国民生活事業)を選んだ理由

就職活動を行う際に軸としていた一つが、「仕事を通じてより多くの方と関わり自己成長していく」ということです。できるだけ幅広い業界、年代、経歴、地域の方と直接接する仕事がしたいと考え、金融機関を第一に考えました。日本公庫を選んだ最終的な決め手は、選考の過程でお会いした職員の方々の人柄です。この人たちと一緒に働きたいと思い入庫を決めました。

周囲からみた自分

マイペースな人といわれることがあります。確かに、一つのことに集中すると、周りがあまり見えなくなってしまうことがあります。社会人として直していかなければいけないと思いつつ、なかなか直らない短所ですね。

日本公庫の第一印象と入庫後の印象

入庫前のイメージは、政府系の金融機関ということもあり、真面目で堅い人が多いのかなと思っていました。入庫してみると、お客さまに真摯に向き合うという意味では真面目な、しかしそれ以上に気さくで話しやすい上司・先輩ばかりでした。上司のことも「○○さん」と呼んでおり、とてもフラットな職場環境だと思います。

好きな言葉

「努力は必ず報われる。報われない努力があるとすれば、それはまだ努力とは呼べない」です。壁にぶち当たった時や挫折した時にはこの言葉を思い返し、まだ努力が足りないと自分を奮い立たせています。

日本公庫の一番好きなところ

融資を通じて、全国の中小企業・創業企業の夢の実現に携われるところです。支店で審査を担当していた際に、創業企業に対する融資を何件か行いました。その企業が数年たって活躍している姿を目にすると、とても嬉しく感じるとともに、自分自身もっと頑張らなければという励みにもつながっています。

休日の過ごし方

身体を動かすことが好きなので、ランニングしたり近所を散歩したりしています。また、お酒を飲むことが好きなのですが、平日は極力飲まないと決め、休日に思いっきり飲んだりもしています。

就職活動のエピソード

連日の面接で疲れが溜まっていたのか、選考がピークを迎えるタイミングでインフルエンザにかかってしまい、面接を数社受けられなかったことが一番の苦い思い出です。発熱した当日は東京で面接があり、新幹線のチケットをすでに購入していたため、学生にとっては痛い出費となりました。体調管理の重要さを痛感した瞬間でした。

社外活動での経験

5年ほど前から登山に目覚め、時間ができると後輩や友人と一緒に山に出かけています。始めた当初は可愛い「山ガール」でしたが、今では一人でアルプス登山するほど強くなりました。登山が一番のストレス解消方法です。

就職活動をするみなさんへのメッセージ

多くの業界・企業の方と出会えるのは就職活動生の特権です。この貴重な機会に、できるだけ多くの企業へ足を運び、出会いを広げることをお勧めします。また、就職活動中は思い通りにいかずに焦ったり、挫折したりすることも多いと思います。そんな時は、一人で悩まず、家族や友人に相談しながら乗り切ってください。この経験は社会に出てからの自信につながると思います。