地域総合職

仕事をするうえで、心がけていること

お客さまと真摯に向き合い、お客さまが本当に必要としているサービスを提供することです。資金だけでなく、日本公庫だからこそ提供できる情報を求めているお客さまがいらっしゃいますので、お客さまを訪問する前は、どのような情報提供ができるのか、決算書や過去の訪問内容などをチェックすることにより事前準備をしっかり行うよう心がけています。また、融資審査の際には、迅速な事務処理を心がけています。お客さまのなかには、資金を急いでいる方がいらっしゃるからです。時には突発的な業務が発生することもありますので、段取りのとおりに仕事を進めることは簡単ではないですが、スケジュール感を持って取り組むことはとても大切だと感じています。

お客さまと接して、学んだこと、感じたこと

多くのお客さまが、日本公庫を信頼してくださっているということです。お客さまのなかには、日本公庫と10年以上お取引いただいている方が多数いらっしゃいます。それは、歴代の融資担当者がお客さまのニーズを的確にくみ取り、資金提案だけでなく、情報提供なども行っていくことで築いてきた信頼関係のおかげだと感じています。私のような若手融資担当者が経営者の方と面談し、会社や業界のことを教えていただけたり、工場見学をさせていただけるのは、先輩方が築いてきた信頼関係があるからこそだと思うので、私もそのような信頼関係を築いていけるよう日々努力していきたいです。

先輩職員を見て、学んだこと、感じたこと

融資課の先輩方からは、スピード感を持って段取りを行うことや、お客さまのニーズを的確にくみ取ることなどを、総括課の先輩方からは、事務フローに沿った迅速かつ丁寧な事務処理や、お客さまへのきめ細やかな気遣いなどを学びました。また、後工程を考えて取り組むことで、業務を円滑に進めることができるので、全工程について理解したうえで、業務を遂行することが大切であると感じました。私はまだまだ未熟ではありますが、自己研鑽に励み、お客さまに満足していただけるサービスの提供を行っていきたいです。

Personal Message File

学生時代に打ち込んだこと

大学で学びながら、家庭教師や飲食店での接客など、アルバイトをしていました。掛け持ちをしていた時期もあるので、大学でのサークル活動や講義とのスケジュール管理は大変でしたが、競泳サークル活動に励んだり、親しい友人と海外旅行に行ったりと、さまざまななことに挑戦できたので、充実した大学生活を送ることができました。

休日の過ごし方

休日は、ジムに行って体を動かしたり、友人と買い物などをしています。都合が合えば、日本公庫の同期と会ってお酒を飲むこともあります。習い事などを通して知り合いが増えたことで、初めての土地でも楽しく過ごせています。

就職活動時に、興味のあった就職先は?

就職活動を始めた頃は自分に向いている業種が分からず、さまざまな業界を見ていましたが、ある企業の担当者に「真面目そうだから金融に向いていそうだね」と言われたことがきっかけで、金融業界を中心に就職活動を行うようになりました。

就職活動中のみなさんへのアドバイス

就職活動は、悩むことも多く、辛い時期ではありますが、自分自身と向き合えるいい機会です。就職活動を始めた時点で志望業界などが決まっていない人も、焦ることなく、自分が何をしたいかを考え、志望する業界や具体的な企業を絞っていき、満足のいく就職活動にしていただければと思います。

日本公庫(中小企業事業)を選んだ理由は?

中小企業は日本の企業数の9割超であり、日本経済を支えていると言っても過言ではないので、そういった企業を支えたいという思いがありました。中小企業にも就職活動を行いましたが、日本公庫であれば中小企業全体を金融という面から支えることができるのではないかと感じたので、日本公庫を選びました。

自分を成長させてくれた言葉を教えてください。

「継続は力なり」です。私は法学部だったこともあり金融の知識は全くありませんでしたが、研修などを通して、配属までに基礎的なことはなんとか理解できるようになりました。まだまだ至らないところがあるので、今後も努力を継続していきたいです。

周囲からよく言われる自分は?

真面目だと言われることが多いように感じます。緊張すると表情が硬くなってしまいがちなので、職場内やお客さまと接するときは笑顔でいるよう気をつけています。

将来の目標を教えてください。

少しでも悩んだり困ったりしたときに、相談していただけるような、お客さまに信頼される職員になりたいです。現在は、お客さまから会社や業界のことを教えていただくことが多いですが、今後は金融及び業界知識を身につけ、ニーズに沿った提案を行っていきたいです。