農業の「担い手」を支援するために新規就農者向けの融資の普及・推進に取り組む

日本公庫選んだ理由

どのような時代であっても損得勘定なく、中小企業者であるお客さまの立場に立った金融支援が純粋にできることです。日本経済を支える数多くの中小企業の役に立ちたいと思って選びました。
「真にお客さまのために仕事をしたい」という志を持っている職員が集まっていて、日々、協力し合って建設的に仕事をしていくところが日本公庫の一番好きなところです。根底に流れるものが同じなので、色々と意見は食い違って議論をすることはあっても、心が通い合うという感覚を持てます。

現在の仕事内容

福井支店支店長兼中小企業事業統轄として、支店運営と県内の中小企業者向け融資業務の責任者の立場にあります。日本公庫の経営方針や業務運営計画のもと、支店に求められる役割を担うために、何をしなければならないか考え、実行していくのが仕事です。支店としては、国民・農林・中小の3事業が一体となって、福井県内の地域活性化に寄与するために、県、各自治体、支援機関や地域金融機関と連携して、さまざまなプロジェクトに参画し、事業を営まれている方々、またこれから営もうとされる方々のご支援をしています。中小企業事業としては、福井県内の中小企業の経営者の方々の経営課題解決やビジネスマッチングなどコンサルティングを行いながら、融資の業務を行っています。これらを通じて、職員を成長させることも大切な仕事と考えています。

やりがいを感じる時

中小企業の経営者の方々とお会いするなかで、現在の経営課題や将来に向けた構想をお聞かせいただき、アドバイスしたり議論したりしながら、ご支援を行うことができることです。素晴らしい経営者の方々にお会いすることも多く、経営哲学などを学ぶ機会もあります。山あり谷ありの経営は、経営者の人生そのものですが、その人生に寄り添い、何がこの会社にとって一番よいのかを真剣に考え、損得なく純粋にお手伝いできることで、やりがいを感じます。公的機関である日本公庫の職員を信頼して本音をお話し、ご相談いただけることに感謝するとともに、期待を裏切らないよう今後ともご支援していく必要があると感じています。

思い出に残るエピソード

融資の業務を通じたエピソードも色々とありますが、以前、新設された女性活躍推進室長に初めて任命されたときのことが思い出に残っています。管理職となったのも初めて、新しい部署での何もないところからのスタートでした。何をすれば女性の活躍を推進できるのか…悩み、さまざまなプレッシャーと戦いながら、なんとか前進させた経験が、自分自身が一皮むける経験となりました。職員の理解と共感を得ながら成果を出し、組織風土を変えていく、という経験によって、チャレンジ精神が養われ、今の福井支店での職場づくり・人づくりにも役立っていると思います。

将来の夢

「お客さまのために役立つ仕事をすること」「お客さまに寄り添い、ご支援できる職員を育てること」、そして「多くのお客さまの成長や地域の活性化を通じて、日本経済の成長に貢献すること」が目標です。そのために、広い視野を持ちながら日本公庫がなすべきことを考え、職員とともにお客さま一人ひとりをよく理解して、その支えになりたいと思います。また、職員が仕事を通じて成長できるよう、さまざまなチャンスや経験の場を用意しながら、サポートしていきたいと思います。お客さまから一つでも多くの感謝のお言葉がいただける日本公庫になれるよう、日々努力しています。

ある一日

8:30 出社
新聞各紙に目を通し、当日のスケジュールの確認を行います。また、メールのチェック、文書の確認を行います
8:50 朝礼
元気な挨拶で仕事をスタート。情報共有を大切にしています
9:00 役席会議(管理職間の打合せ)
計画の進捗状況や当面の取組み事項を確認します
9:30 お客さまとの面談
決算報告に来られたお客さまとの面談を行います
11:00 関係機関と情報交換
複数の機関が集まり、県内の経済動向などについて、情報・意見交換。日本公庫からも発表し、地域の動向やトピックも把握します
12:00 昼食
支店職員数人で近くの定食屋でランチ。バランスのとれた美味しい日替わり定食を食べながら、おしゃべりを楽しみます
13:00 支店内打合せ
国民生活事業統轄、農林水産事業統轄、総括課長、支店運営担当とともに、福井支店が参画中の地域振興プロジェクトの進行などについて打合せ、意見交換します
14:00 お客さま訪問
お客さまを訪問し、設備投資を予定している経営者と面談、工場を見学。設備投資効果などについてお話を伺います
16:00 帰店
支店に戻り、融資案件の相談、検討会をします
16:30 貸付りんぎ決裁、報告書類の確認など
18:00 退社
19:00 帰宅
愛犬と散歩。食事を作ったり、テレビを見たり、本を読んだりしてリフレッシュ
23:00 就寝

Personal Message File

学生時代

大学時代はテニスサークルに所属していましたが、人と関わるのが好きで、色々なアルバイトを経験しました。

社外活動での経験

趣味は、年に数回の海外旅行です。短期間で行ける近場のアジア中心ですが、異文化に触れることで、毎回新しい発見があるので、心身ともにリフレッシュでき、活力が湧いてきます。

周囲からみた自分

慎重で用心深い一方、大胆で楽観的な面もある人、と言われます。以前、お母さんみたいな人、と言われたこともあり、ちょっと面喰いましたが、身近で頼りになる存在と前向きに解釈し、嬉しく思っています。

日本公庫の第一印象と入庫後の印象

第一印象は非常に真面目で固い職場でしたが、入庫してみると、風通しのよい職場でした。新入職員のときから、経営者に直接会って将来の事業計画についてお話を伺い、工場などの現場を見せていただき、事業内容をより深く理解できることが、特徴の一つだと思います。

好きな言葉

「乗り越えられない試練はない」、「案ずるより産むが易し」、といった言葉でしょうか。困難にぶつかったときに、頭に思い浮かべるようにしています。

就職活動のエピソード

日本公庫を受けたとき、下車する駅を一駅間違えてしまいましたが、電車に乗り直すと遅刻しそうだったので、猛ダッシュで一駅分駆け抜け、ギリギリ間に合いました。雨も降っていたので、髪はバサバサ、息は切れ切れの状態で到着したので、面談相手の方は大層驚かれたと思います。

休日の過ごし方

夫と愛犬2匹とのお散歩やカフェ巡りなど、愛犬と戯れながら、癒されています。自然や名所巡りをしながらのドライブや、美味しい食べ物を楽しんでいます。

就職活動をするみなさんへのメッセージ

転勤があることで本当に勤務し続けられるのか悩み、迷いました(当時は今のような充実した両立支援制度はありませんでしたので)。しかし、さまざまな支店や地域で勤務することで、色々な出会いがあり、その経験が自分の成長につながったことから、日本公庫に入ってよかったと思っています。学生の皆さんには、まずは自分がやりたいことは何なのか、どういう人生を送りたいのか、ご自身をよく見つめ、就職先を選んでいただきたいと思います。