農業の「担い手」を支援するために新規就農者向けの融資の普及・推進に取り組む

現在の仕事内容

私が所属している東京審査室では、融資残高が大きいなどにより支店で融資判断が行えないお客さまについて、事業内容、経営者、業績、沿革や計画について把握し、業界情報(市場規模や動向、競合他社など)の収集などを通して、貸付の可否判断を行っています。決算書や計画書などの書類を見ることに留まらず、工場を訪問し、実際の仕事量や稼働状況を確認する他、経営者と半日以上かけて面談を行い、金融機関やお客さまの取引先などへの訪問、ヒアリングなどにより審査を行います。また、融資担当者と連携して、経営上のアドバイスを行い、業績改善に導くことも業務の一つです。

やりがいを感じる時

支店の融資担当者と異なり、審査室の担当者が経営者と面談することができる機会は、一回のご融資の申込につき、一度だけのことが多いです。しかし、訪問前の事前準備を徹底して行い、自分なりの考えを持ってディスカッションを行う中で、経営者から経営についての不安や課題、また計画書には書いていない将来の経営ビジョンなどを教えてもらえた時には、この仕事の面白さを感じます。

思い出に残るエピソード

今の部署に来たばかりの時に、業績の厳しいお客さまの審査を担当したことがありました。過去の財務状態の厳しさやお客さまの作成した経営計画書を見ても大幅な業績改善の兆しが見られないことから、融資の可否判断に頭を悩ませていました。しかし、実際に訪問し社長から企業の沿革を聞き、「たとえどのような危機に陥ったとしても、会社を存続させる」という粘り強さを感じ、その社長の言葉を信じて融資を実行しました。
「作れるか、売れるか、儲かるか、粘れるか」とは、審査の着眼点として私が大切にしていることです。中小企業の経営者の強い意志、粘り強さは企業存続において非常に大切であることを実感し、書類や見た目の数字だけで決めつけるのではなく、現場に足を運び、経営者と対話することで、その企業の実態をしっかりと理解して判断することを心がけています。

将来の夢

当面の目標は、お客さまの期待に応え続けていくために必要な幅広い知識や経験を積むことです。お客さまを取り巻く経済環境は日々大きく変化しており、まだまだ学ばなければいけないことがたくさんあります。基本的な融資や審査の方法は身につけることができたので、今後はさらにスキルアップしていきたいと思っています。身の回りのことに常に興味をもち、自分なりの情報収集を行いながら、その情報を活用した提案を行うことで、お客さまの抱える課題を解決するための手助けができる融資担当者になりたいです。

ある一日

6:30 起床
しっかり朝ごはんを食べて、今日一日の仕事に備えます
8:50 出社
その日のスケジュールを確認し、やるべきことを点検します
9:00 朝礼
審査室全体の動きや、注意すべき点について確認を行います
10:00 打ち合わせ
課長と明日出張に行く案件について、最終打ち合わせを行います
12:00 昼食
同期と神田駅周辺でランチをします
13:00 レポート作成
自分が担当しているお客さまについて、ヒアリングをした際の内容を基にレポートを作成します
15:00 金融機関への訪問
先ほどレポートを作成したお客さまが取引している金融機関を訪問。今後の支援体制について確認し、お互いにお客さまを支えていくことを合意
18:00 退社
帰りがけに本や洋服を見て、リフレッシュします
19:30 夕食
食事後にジムに行きます。運動すると頭がすっきりします
22:00 旅行計画をたてる
旅行が趣味なので、インターネットや雑誌を読みながら「今週末はどこに行こう?」と計画を立てます
23:00 就寝

Personal Message File

学生時代

大学時代は「よさこいサークル」に所属していました。北は北海道、南は高知県まで全国各地を踊り歩いていました。半年以上をかけて演舞の振り付けを作ったり、それをみんなにレクチャーをしたりと大変でしたが、集大成として、真夏の炎天下の中、高知の帯屋町演舞場を踊り抜いた時には、達成感でいっぱいでした。

日本公庫の第一印象と入庫後の印象

日本公庫の第一印象は「お堅い」でした。しかし、実際に入庫すると周りはとても面倒見のいい方ばかりで、上司や先輩だけでなく同期同士でも、互いの成長のために日常的に議論や仕事のアドバイスをし合っており、大変仕事のやりやすい職場です。

周囲からみた自分

「見かけによらず、真面目な人」と評価してもらうことが多いです。自分を頼ってくれているお客さまのことを思うと、当然ながらしっかりと仕事をして期待にお応えしたいと思っておりますので、仕事においては真面目なのだと思います。

職場の雰囲気

とても風通しのよい職場です。わからない点は同期に相談することも多いのですが、嫌な顔一つせずにアドバイスをくれます。上司が部下の意見をしっかりと聞いてくれる環境が整っているため、自分の考えや信念を持つことが大切だと日々感じています。

好きな言葉

「こけたら、立ちなはれ。」経営の神様である松下幸之助の言葉です。仕事を行うことは失敗の連続で、くじけそうになることばかりです。そんな時はこの言葉を思い出すことで、自分を奮い立たせています。

尊敬する上司とエピソード

融資判断に迷うお客さまを担当した際、まずは私がどうしたいかという意見を聞いてくれ、そのためにどのような行動をとる必要があるのかを指導してくれた上司です。また、「失敗しても責任を取るのが上司だから、思い切りやってみろ」という言葉はとてもありがたく、自分の仕事に誇りを持って取り組めるようになりました。

休日の過ごし方

ドライブが好きで、最近は温泉を開拓しに山梨県まで行くこともあります。露天風呂に入って、おいしいものを食べて帰ってくるとリフレッシュでき、また気持ちを新たにして一週間を頑張ることができます。

就職活動のエピソード

「人とお金に携わる」、「人の役に立てる」仕事がしたいと考えて、当初から金融機関に絞った就職活動を行っていました。エントリーした企業の社員とたくさんお会いする中で、自身の価値観に合った企業が自然とわかってきて、満足のいく企業選びをすることができました。

日本公庫(中小企業事業)を選んだ理由

就職活動中に日本公庫の職員と話す機会があり、どの職員もお客さまである中小企業について熱く語っていたことが「誰かの役に立ちたい」と思っていた自分の価値観と一致したからです。「日本の中小企業を支える」という志を持って業務に取り組んでいる方が多いと感じます。

就職活動をするみなさんへのメッセージ

就職活動中、みなさんの周囲には真偽のわからない情報が溢れていると思います。そのような情報に惑わされないためにも、しっかりと自分の目で見て判断してください。就職活動は長いようで短く、あっという間に終わってしまいます。苦しいことも多いと思いますが、社会の色々なことを学べるよい機会です。ぜひ楽しんで挑戦してください。