農業の「担い手」を支援するために新規就農者向けの融資の普及・推進に取り組む

日本公庫の第一印象と
入庫後の印象

中小企業の方々と向き合って対話するという職業柄、人の話をしっかりと聞き、的確なアドバイスをすることに長けた職員が多いという印象を持っていました。入庫後、業務・プライベートを問わず、上司、先輩の方々にさまざまな相談をさせていただきましたが、やはり親身に相談に乗ってくださり、その都度的確な助言をいただいて問題解決ができました。

現在の仕事内容

私が所属する証券化支援室では、証券化の手法を活用して、民間金融機関による中小企業への無担保資金の円滑な供給を支援しています。証券化支援の仕組みはいくつかありますが、現在取り組んでいる案件は、買取型シンセティック方式と呼ばれるものです。具体的には、地銀・信金などの地域金融機関が地元の中小企業向けに無担保融資又は無担保無保証融資を行う際に生じる貸倒リスクの大部分を、CDS契約(クレジット・デフォルト・スワップ契約の略で、一種の損失補償契約。)を活用し証券化することで、同リスクを機関投資家などに移転するものです。私自身は、民間金融機関への周知活動、中小企業の審査、契約書類の作成などを担当しています。

やりがいを感じる時

地域の実情や企業の業況をよく知る地域金融機関の方々と連携し、各地域を支える全国の中小企業に対して広く無担保資金の供給ができることが、証券化支援業務における一番のやりがいです。そして、証券会社や機関投資家との接点があり、マーケット動向に精通できること、また、個人的な話となりますが、契約関係書類の整備に携われることができ、学生時代に培った法律の知識が活用できることから、同業務に面白みを感じています。

思い出に残るエピソード

証券化支援室に配属される前は、仙台支店にて融資業務に携わっていました。融資手続きの際、提出していただいた決算書を中心に分析を行います。しかしながら、お客さまのなかには計数管理が苦手で、決算書の内容を理解していない、理解していても説明ができない方がいらっしゃいます。そのような場合、提供していただいた情報からさまざまな仮説を立て、一つずつ検証を行います。仮説の設定、その検証は非常に大変な作業です。しかし、あきらめず突き詰めると、当初全く分からなかったことも最後には理解でき、適切な融資につながったケースもありました。 「あきらめず突き詰めること」は、融資業務にかかわらず、どのような仕事でも重要なことであり、今でも自分の行動の指針にしています。

将来の夢

証券化支援室の業務は専門性が必要で、業務に習熟するには一定の時間を要します。また、各地域を支える全国の中小企業に対して、広く無担保資金の供給ができる手段として、非常にやりがいのある業務です。証券化支援業務に必要な知識・スキルを一つひとつ着実に身に付け、将来本部署を牽引する人材となることが今の私の目標です。

ある一日

8:50 出社
当日のスケジュール確認、メールのチェックを行います
9:00 情報収集
社内ルールの変更など、発信された文書を読み込み、証券化支援室で必要となる業務がないかどうか確認を行います
9:30 審査
民間金融機関から申請があった無担保中小企業貸付債権について、CDS契約の対象になるかどうか一件ごと審査を実施します
11:00 打ち合わせ
上司と案件について打ち合わせを行い、難度の高い案件について方向性を確認します
12:00 昼食
証券化支援室のメンバーで、会社周辺のお店にランチへ行きます。休日などの出来事について話し、リフレッシュします
13:00 契約書類作成
CDS契約をはじめ、案件組成に必要となる契約書類の作成を行います
14:30 打ち合わせ
契約書類を作成する他の職員と書類の確認を行います。変更点がある場合、変更の方向性、影響度合いなどを検討します
15:30 他部署・関係機関との調整
予算、契約書類にいついて、他部署や日本公庫以外の関係者と方向性の確認や調整を行います
16:30 審査
民間金融機関から申請があった無担保中小企業貸付債権について、CDS契約の対象になるかどうか一件ごと審査を実施します
18:30 明日のスケジュール、仕事内容を確認します
19:00 退社

Personal Message File

学生時代

高校まで硬式野球一筋でしたので、大学では広く浅くさまざまな趣味を持つようにしました。そのなかでも、大学3年生から始めた茶道は自分にとって非常に新鮮であり、正座で足が痺れながらも毎週教室に通いました。

周囲からみた自分

自分自身でもそう思いますが、周囲からも「落ち着いている」といわれることが多いです。

好きな言葉

子どものころに読んだ本に書いてあった、「常に選択できる立場でありなさい」という言葉です。この言葉は、自分の目標を達成するために非常に重要であると考えており、いつも迷った時はこの言葉を思い出しています。

休日の過ごし方

休日はジムで体を動かし、ギターの練習をしてリフレッシュしています。特に、ギターの練習については、最近新しいギターを購入したこともあり、スタジオを借りて練習するほど熱が入っています。

就職活動のエピソード

国の発展に寄与したいという思いから、国家公務員や日本公庫を含めた政府系金融機関を中心に就職活動を行いました。

日本公庫(中小企業事業)を選んだ理由

現在、日本経済を牽引するリーディングカンパニーも元々は中小企業であり、またそのような会社を支えているのも中小企業です。そんな日本経済の源泉である企業の力となり、ひいては日本経済に貢献したいと思い、日本公庫を志望しました。

就職活動をするみなさんへのメッセージ

自分の直感を大事にしてください。直感で良いと思うにはそれなりの理由があるからです。「なぜ良いと思うのか」を自己分析で深めていくことが大事だと思います。