キャリア支援

キャリア支援

日本公庫は質の高いサービスを実現できる人材、
お客さまに信頼される人材の育成を目指します。

人材育成の概要・主な施策

日本公庫では、職員一人ひとりの能力・やる気をさらに高め、質の高いサービスを実現できるよう、多様な教育機会を提供しています。
現在、政策金融を担う者として期待される役割を最大限に果たすため、以下の施策に積極的に取り組んでいます。

  • ●質の高いサービスを実現するための基礎教育の充実(新人教育・融資審査・マネジメント教育)
  • ●高度なマネジメント能力・専門性を強化するための人材アカデミーを開校
  • ●お客さまの多様なニーズに応えられる専門知識・スキル取得のための研修、資格取得支援

研修体系

日本公庫の教育体系は、集合研修、職場内教育(OJT)、外部研修、自己啓発支援の4つに分類されます。

集合研修には、国民生活事業、農林水産事業、中小企業事業の3事業共通で実施する階層別研修の他に、専門的な能力習得のために各事業がそれぞれの方針に基づいて実施する事業別業務研修があります。
また、職員の能力を最大限に活かし、強い組織力を発揮できるよう、高度なマネジメント能力及び高い専門能力を有する人材、女性管理職を育成するため、「人材アカデミー」を開校しています。

OJTは、配属された職場で日常業務を通じて、上司や先輩職員から計画的に指導を受けるものです。

外部研修では、中小企業診断士養成講座への研修派遣や関係省庁などへの業務派遣を行っています。

自己啓発支援は、財務分析や金融法務のスキルアップを図るための通信教育や中小企業診断士などの資格取得を支援する制度で、多数のメニューを整えています。

新人教育の特徴

新人教育は、日本公庫の社会的使命を認識し、仕事への誇りと自信を早期に醸成することを目的として、集中的に教育を行っています。
入庫後、国民生活事業、農林水産事業、中小企業事業の3事業合同研修を約1カ月実施し、社会人としての基礎力、公庫業務に関する基礎知識、融資審査の基礎スキルを習得します。その後、各事業において約2カ月間、専任スタッフによる集中教育を経て、支店配属となります。支店配属後は、OJTと集合研修によるフォローアップを実施します。新入職員が自律的な判断力を備え、自ら考えて行動する職員に成長できるよう、基礎的な知識から段階的にスキルアップできる体制を整備しています。

小谷 健太郎

政策金融を担う者として、お客さまのさまざまな相談にしっかり応えられる人材を育てたいと考えています。そのためには、金融や経営に関するさまざまな知識を習得することだけではなく、コミュニケーション力や人間性などの社会人としての基礎力が必要です。新入職員は、支店に配属されるまで、約3カ月間の研修期間に業務の基礎知識だけでなく、こうした社会人としての基礎も学びます。その中で、自分自身のあるべき姿に向けて日々努力を重ねる習慣を身につけてほしいと思います。
成長し続けることは、大変なことですが、より多くのお客さまから感謝の言葉をかけていただけるよう、頑張ってほしいと思います。

研修体験者の声

志村 早織

現場に足をはこぶ大切さを学びました。

新入職員研修は、簿記や財務分析などの知識習得はもちろん、数字以外の要素で企業を分析する定性分析についても深く学べる点が魅力だと思います。なかでも、研修期間中にお客さまであるゴム製造の企業に訪問したことが印象に残っています。訪問する企業については事前に資料で調べ、イメージを固めたうえで訪問したのですが、実際に訪問してそのイメージとのギャップに驚きました。その経験から、融資の可否判断を行う審査事務では、資料から得られる数字や知識だけでなく、お客さまの事業所に実際に出向き、従業員の方の働く姿や製品を自分自身の目で見ること、そしてお客さまのお話しに真摯に耳を傾けることがとても重要だということを学びました。
現在は支店に赴任し、先輩職員によるOJTにより各業務を学んでいます。勉強の毎日ですが、お客さまの話を丁寧に聞く姿勢は、どの仕事にも共通して大切なことだと思うので、日々、その姿勢を意識して業務に取り組んでいます。

堀 智博

農林水産業の知識を身につけることができました。

新入職員研修を経験して、日本公庫は職員の育成に力を入れている企業だと実感しています。農林水産事業では、現場のお客さまに直接お会いする機会が多く、第一次産業全般の知識が必須となります。私は入庫当初、農業や農業経済についての知識がほとんどなく、不安に感じていましたが、新入職員研修では、農業、林業、漁業と営農類型別についての詳しい講義があり、支店配属前に農林水産業の知識を身につけることができました。支店配属後は、研修中に配付された資料を確認し、仕事の現場で活用しています。新入職員研修では、金融審査に必要な知識だけではなく、農林水産業について学ぶ機会も十分に確保されていますので、安心してもらえればと思います。

堀 智博

「人を大切にする風土」を強く実感することができました。

新入職員研修では「決算書の見方」や「担保査定」など、日本公庫業務の実践的な経験や知識について学びました。不安もありましたが、教育担当の先輩による丁寧なご指導や、疑問があればいつでも相談できる同期の存在のおかげで、着実に力をつけることができました。また、業務以外のことでも社会人としての振舞いなどについて、教育担当の先輩方が常に気にかけてくださったのが強く印象に残っています。
支店配属後のOJTでも、1年目にもかかわらず、責任のある仕事を任せてくれつつも、もちろん困ったときには、先輩や上司が最善のサポートをしてくれます。こういった環境だからこそ、自分の意見をもってしっかりと業務に取り組むことができ、自己成長につながっていると確信しています。
研修やその後の業務を通して、日本公庫には「人を大切にする風土」があり、日々の業務に安心して取り組める環境が整っていることを改めて実感しました。