地域総合職

お客さまにとって近い存在になることを意識して仕事に取り組む

仕事をするうえで、心がけていること

先輩職員の方にいわれた、「日本公庫のファンを増やしてほしい」という言葉を常に意識しながら仕事を行っています。金融面の話だけではなく、お客さまの悩みや将来の夢を聞き、時には雑談をしながら、お客さまに「興味」を持って接することを心がけています。まだまだ知識も経験も浅いため、お客さまにできることは少ないですが、新聞にお客さまの記事が掲載されれば電話をしたり、台風が来れば被害がないか確認しに行ったりと、なるべくお客さまにとって近い存在になることを意識しています。まだまだ至らない点は多いですが、1人でも多くのファンの方が増えるように仕事に取り組んでいます。

お客さまと接して、学んだこと、感じたこと

先輩職員が積み上げてきたものが非常に大きいと感じています。お客さまの所に入庫数年目の若手が訪問しても、快く話をしてくださります。それは今まで日本公庫の先輩方がお客さまや関係機関の方々と丁寧かつ親身になって仕事に取り組んできたからだと感じています。先輩方の土台の上で仕事させてもらえているので、私も将来入庫される方々の土台となれるような仕事をしていきたいです。

先輩職員を見て、学んだこと、感じたこと

先輩職員はそれぞれのスタイルで仕事をしています。お客さまとの関係作りから、稟議までそれぞれ各々の個性を活かしたスタイルで業務を進めています。名古屋支店は農林水産事業のなかでは大規模な支店となります。目標となる先輩が多くいるため、さまざまな仕事の方法を見ることができます。自分に合っていると感じたものを盗んでいき、早く自身のスタイルを作っていきたいと思っています。

Personal Message File

学生時代に打ち込んだこと

大学では部活(サッカー)とゼミ活動と遊びに明け暮れていました。また大学のプログラムを活用し短期留学に行ったりと、面白そうなことには首を突っ込んでいました。

休日の過ごし方

自転車に乗って、豚骨ラーメンを食べに行くことです。たまにフットサルもします。

就職活動時に、興味のあった就職先は?

就職活動時の自身の軸は、「第一次産業に携わる」でした。種苗会社や農機具メーカーなど、第一次産業に携われそうな先を探していました。

就職活動中のみなさんへのアドバイス

就職活動中でもたくさん自分の時間を作ってください。学生の間にしかできないことがたくさんあります。学生の時の経験は社会人になってからの大きな財産になります。社会人になってから、あれをやっておけばよかった、と後悔しないように遊びも勉強も本気で取り組んでください。

日本公庫(農林水産事業)を選んだ理由は?

ある農業者と話をする機会がありました。「農業で一番苦労していることは何ですか」と質問した際に、「借りるにしろ、生み出すにしろお金面が一番苦労する」といわれ、日本公庫なら金融面から第一次産業従事者をサポート出来ると考え、入庫を決意しました。また、就職活動を通して出会った日本公庫職員が、自身の仕事のことを楽しそうに話しており、ここで働きたいと感じました。

自分を成長させてくれた言葉。

「なんとかなる」です。自分自身よくこの言葉を言い聞かせています。たくさん考えて、行動して、努力すれば、大概のことはなんとかなると思って生きてきました。

周囲からよく言われる自分は?

周囲の人からは「元気」「フットワークが軽い」などといってもらえることが多いです。元気にお客さまのところに足しげく通い、よい関係を構築していければと思っています。

将来の目標を教えてください

お客さまや職員から頼られる存在になりたいです。将来的には「伊藤に相談すれば大丈夫」と言ってもらえるようになることが目標です。