地域総合職

仕事をするうえで、心がけていること

先輩社員から聞いた「仕事は全て人」という言葉がとても印象に残っています。仕事は必ず人と関わりながら進めていくもの、という意味ですが、どのような仕事でも人が関わってくるため、お客さま・関係機関の方等と信頼関係を構築することが、仕事を進めていく上で大切だと学び、常にそのことを心がけています。信頼関係を築くためにはさまざまな方法があるとは思いますが、まずは当たり前のことを少しずつ積み重ねていくことで信頼が生まれてくると思っています。
お客さまや関係機関の方等から「日本公庫のおかげで助かった」「ありがとう」の言葉をもらえるように、これからも一生懸命仕事に取り組んでいきたいです。

お客さまと接して、学んだこと、感じたこと

お客さまと接する中で、"お金を借りる"ということはとても重要な決断であるということを感じました。借入額の大小はありますが、良い意味でも悪い意味でも融資はお客さまの経営、つまり人生そのものに影響を与えます。当たり前のことではありますが、一つひとつ丁寧に真剣に仕事に取り組むことが大切だと思いました。
また、日本公庫は融資のみならず、取引先のマッチングや各種情報提供等、さまざまなことを求められていると感じます。融資だけでなく、さまざまなサービスを提供することがお客さまのためになると感じています。

先輩職員を見て、学んだこと、感じたこと

先輩職員は、お客さまの立場に立って非常に丁寧に対応していると感じます。お客さまが日本公庫にどのようなことを求めているのかを考え、できる限りそれに応じる。もし応じられない場合は何か代替案を持っていく等、お客さま目線の仕事をしているように感じます。

Personal Message File

学生時代に打ち込んだこと

日々のアルバイトのほか、海外旅行や短期留学など、学生時代にしかできないようなことをしてきました。長い時間を自分の好きなように使うことができるのは学生時代しかありません。ぜひ、好きなことに精一杯取り組んでください。

就職活動をしている学生さんへのアドバイスをください。

就職活動は大変なものだとは思いますが、自分自身をアピールできる数少ない機会ですので、楽しんで臨んでください。

就職活動時に、興味のあった就職先は?

金融業界、IT業界をメインに就職活動しました。

自分を成長させてくれた言葉を教えてください。

波乱万丈
人生何が起きるかわかりません。先のことを考えすぎても仕方ないので、たとえ何かに失敗してもまた頑張ろうという気持ちを持つようにしています。

日本公庫(農林水産事業)を選んだ理由は?

お客さまの立場にたった仕事ができると考えたためです。日本公庫は政府系金融機関として民業補完を主としています。専門性が高く、民間金融機関とは違った立場、目線で仕事ができるところに魅力を感じました。

周囲からよく言われる自分は?

オン・オフがしっかりできる人と言われます。メリハリをつけることは仕事のモチベーションを上げる上で大切なことだと思っています。

将来の目標を教えてください。

世界に通用する日本の農林水産業を作り上げることです。そのために、いち早く仕事を覚え、より多くの仕事を任せてもらうような人間になりたいです。

趣味・特技は?

サッカー、フットサル、DVD観賞。