農業の「担い手」を支援するために新規就農者向けの融資の普及・推進に取り組む

現在の仕事内容

貸付審査ルールの企画・運営、特に担保・保証に関する業務を担当しています。日本公庫の融資にあたっては、担保・保証人を求めることが基本ですが、債権保全面や経営のモニタリング、法的な観点なども考慮し、求める内容を慎重に検討する必要があります。一方で、天候や自然災害の影響を受けやすい農林水産業を営むお客さまに、迅速に融資を行わなくてはならない場面も多々あることから、様々な状況において統一された考えのもと、柔軟に融資条件を定めることができるよう、基本的なルールを決めています。また、近年では、過度に担保・保証に依存しない融資への取組みなどが求められており、こういった社会の実情にも対応できるよう、適時ルールの見直しを行っています。

やりがいを感じる時

実際に決められたルールに基づき、お客さまに融資を行うのは支店の担当者ですが、自然災害発生時に、限定的にルールを緩和することで、間接的にではあるものの、お客さまへの迅速な資金供給に寄与でき、被災地の復興に役立てたときに、政策金融機関のこの部署だからこそできる業務にやりがいを感じました。

思い出に残るエピソード

入庫2年目で観光牧場への大型融資を担当することになりました。自分が小さいころによく遊びに行っていた牧場だったこともあり、初めはとても緊張しました。無事に融資ができ、新たに完成した牧場を見たときには、とても感動しました。大人になってから、こういう形でまた関われたことが感慨深かったです。業務の経験が浅い入庫2年目であっても臆することなく、丁寧に対応をすればやり遂げられるという経験から、他の部署へ異動となった時にも落ち着いて業務に取り組むことが出来ました。

将来の夢

以前は、直接お客さまと接する機会の多い支店業務を通して、農林水産業の発展に貢献していきたいと思っていましたが、本店に異動になってからは、直接融資に関係する仕事以外でも、いろいろな角度から農林水産業を支援する業務があるということが分かりました。今は、多面的に農林水産業を支援できるよう、本支店の様々な公庫業務を経験し、幅広い業務知識を身につけたいと思っています。また、育児と両立するためにも効率的に業務に取り組めるよう、自分の業務管理、体調管理はしっかりと行いたいと思っています。

ある一日

6:00 起床
自分の身支度、朝食の準備をして、子供たちを保育園へ送る準備をします
7:30 子供たちを保育園へ
8:40 出社
8:50 当日のスケジュール、メールをチェック
9:00 デスクワーク
担保評価に関するデータの収集、支店あて通知の作成、本支店からの照会対応など
12:00 昼食
社内の食堂で食べることが多いですが、外の飲食店で同期や先輩達とランチに出かけ、情報交換などもしています
13:00 担保調査の外部委託業者との打ち合わせ
14:30 打ち合わせ、報告の作成
15:00 定期査定(二次査定案件の審査)、午前中業務の続き
16:40 退社(育児のため短時間勤務)
18:00 子供たちのお迎え後、食事、お風呂
21:30 子供たちが寝てからは自分の時間。テレビの録画やDVDを見たりして、リラックスして過ごしています
24:00 就寝

Personal Message File

学生時代

中学、高校とテニス部に所属しており、部活動に熱心に取り組んでいました。大学に入ってからは、旅行サークルやフットサルのサークルに所属し、冬には毎週雪山でスノーボードを楽しんだりと、アクティブに過ごしていました。

日本公庫(農林水産事業)を選んだ理由

大学時代の農家実習(複数の農家を訪問し、農業経営に関するインタビューを実施)で、農業者が直面する自然災害等に伴う経営の不安定さ、地域の担い手不足などの問題を肌で感じ、日本公庫であれば、政策的に地域や社会の課題解決に貢献できるのではと思い、選びました。

周囲からみた自分

周りからはよく「落ち着いている」といわれますが、緊張しやすい性格なため、焦ってミスをしないよう、仕事中はなるべく平静でいられるように心がけています。

日本公庫の第一印象と入庫後の印象

「現場主義」で、お客さまとの会話を大切にしているという印象がありました。入庫後しばらくしてから各県に支店ができ、その新しくできた支店に配属されましたが、実際にお客さまとお会いして会話をする機会が多く、入庫前の印象通りだと思いました。

好きな言葉

「後と化け物見たことなし」 小学校の先生がよくいっていて、今でもよく思い出します。仕事も、家事も、理由のない「後で」はなるべくいわないようにしています。

就職活動のエピソード

東京で就職活動をしていたため、当時住んでいた場所から電車で1時間半程度かけて通っていました。しかも春は強風で電車が遅れることが多く、説明会や面接に遅れたらどうしようといつもドキドキしていました。

休日の過ごし方

家族との時間を大切にしたいため、家族で公園やテーマパークなどに遊びに行ったりして過ごしています。ストレスが溜まった時には、子供を主人に預けて買い物でストレスを発散したり、友達と遊びに行ったりしています。

就職活動をするみなさんへのメッセージ

最近はインターネットで様々な企業情報を入手することができますが、実際に会社へ訪問したり、社員の方とお話しすることをお勧めします。多くの企業に訪問できるのは、就職活動中だけです。ここでこの人と一緒に働きたいと思う会社が見つかるといいですね。