地域総合職

地域総合職を志望した理由

結婚や出産を経ても仕事を長く続けていきたいという想いがあり、今後のライフイベントを考えるなかで、特定の地域で働ける制度はとても魅力的でした。そこで就職活動では地域職がある企業に絞り企業訪問を行いました。その中で10年間は県内、その後も九州内転勤という地域総合職が日本公庫にもあることを知り志望しました。

入庫後の印象と働きやすさ

仕事の面では総合職との区別は一切なく、幅広く様々な仕事を経験させてもらえるので、入庫前と印象は変わらず、働きやすい職場であると感じています。また、現在は実家から通勤しており、仕事が終わった後や休日に学生時代の友人と気軽に会うことが出来るのでプライベートもしっかり充実させることができています。

仕事をするうえで、心がけていること

現在は契約事務と回収事務を担当しています。契約事務では契約書を作成し、お客さまに融資を実行するまでの手続きを、回収事務ではご融資後のお客さまからのお振込対応などを担当しています。どちらの事務もミスによってお客さまにご迷惑を掛けてしまうので、決してミスは許されません。どの作業においても丁寧に再確認を行うよう心がけています。

お客さまと接して、学んだこと、感じたこと

現在、私は支店の窓口でお客さまと接しています。日本公庫の窓口にいらっしゃるお客さまは、仕事の合間に来店なさるなど急いでいる方も多いので、できるだけ迅速に対応するようにしています。また職員一人ひとりが会社の顔となっていることを忘れずに、笑顔で気持ちのよい丁寧な接客が出来るよう心がけています。最初はお客さまと直接話をすることに緊張や不安もありましたが、いまでは窓口に出ている時間が一番楽しく感じるようになりました。

先輩職員を見て、学んだこと、感じたこと

先輩職員を通じて、社内の連携とお客さまとの信頼関係構築の大切さを日々感じています。先輩職員の仕事振りを見ていると、お客さま第一で希望に沿った融資が実行できるよう、担当間で連携をとりながら常に段取りを意識して準備しているのがよくわかります。この姿勢がお客さまとの信頼関係の構築にも結びついているのだと思います。また、先輩職員のように、どのお客さまともスムーズに会話ができるよう、経済・金融・法的知識などを身につけていきたいと思っています。

Personal Message File

学生時代に打ち込んだこと

学生時代にしかできないことをしたかったので、思い立ったらすぐ行動に移し、仲のよい友達と国内外問わず様々な地域を旅行しました。また、金融関係のコールセンターでアルバイトをしていました。学生のうちに金融の仕事に携われたことは、今の自分にとって大きな糧になっていると感じています。

就職活動時に、興味のあった業種・業界

主に金融関係に興味を持ち、日本公庫の他には損害保険会社、民間金融機関を志望していました。

日本公庫(国民生活事業)を選んだ理由

私は「人の挑戦・成長を支える仕事」がしたいと考えていました。日本公庫では民間金融機関では対応が難しい分野に対応できるため、多くの人を支えていくことができると思い志望しました。

周囲からよくいわれる自分

見た目とのギャップがあるようで、第一印象とは異なり、よく話し、親しみやすいといわれることが多いです。働くうえで第一印象は大切なので、お客さまに親しみを持ってもらえるような人間になりたいです。

趣味・特技

趣味はアフターファイブや休日に友人とテニスをしたり、映画鑑賞や美味しいご飯を食べに行くことです。リフレッシュする時間を大切にしており、最近はホットヨガも始めました。

休日の過ごし方

外に出て運動したり、友人とお酒を飲んだりしてリフレッシュしています。冬は雪が積もり部屋に籠ることも多いため、読書や音楽を聴いてリフレッシュしています。

就職活動中のエピソード

企業説明会などで顔を合わせた学生と交流することで友人関係が広がったことです。志望している業界が同じだと、同じ学生と顔を合わせる機会があります。その学生と交流することで、情報収集ができますし、就職活動後も交流が続き現在でも時々遊んでいます。

就職活動中のみなさんへのアドバイス

就職活動中はできるだけ早い時期から、幅広い業種や多くの企業を見て、自分に合う企業を探すことが大切だと思います。数多くの企業を知る機会は、この期間を逃すとなかなかありません。私は、志望度合いの高い企業の面接では自然と言葉が出てきて楽しむことができました。周囲と比べすぎることなく自分のペースで頑張ってください。

自分を成長させてくれた言葉

「人生に失敗がないと、人生を失敗する」
これは就職活動で悩んでいるときに教えてもらった言葉です。失敗することを恐がって何もしないよりは、まずは挑戦してみようと思える前向きな言葉にとても励まされました。

将来の目標を教えてください

常に高い目標を持ち成長しながら、一生懸命お客さまと向きあうことができ、社内外で信頼される職員になることが当面の目標です。また日本公庫ならではの仕事である創業支援に携わり、お客さまの夢を支えることも目標の一つです。