地域総合職

仕事をするうえで、心がけていること

私が特に心がけていることは、計画をしっかり立てたうえで仕事に臨むことです。多くの業務を同時に進めることもあるので、お客さまの視点に立って、今何をなすべきか、今後何をすべきかを決めるようにしています。計画をしっかり立てることで、効率的に仕事を進めることができますし、お客さまのニーズに迅速に対応できることにもつながるのだと思います。今後もスケジュール管理を意識して、業務に取組んで行きたいと思います。

お客さまと接して、学んだこと、感じたこと

お客さまと接して感じたことは、お客さまのニーズは多種多様だということです。お客さまの業種は多岐にわたっており、事前に業界の動向をしっかり勉強したうえで、お客さまとお会いするようにしています。また、お客さまが抱えている経営課題は、金融支援によって解決できるものばかりでなく、情報面からの経営アドバイスが必要となることもあるので、自己研鑽に励み、幅広い業務知識を身に付けることで、コンサルティング能力を高めていきたいと思います。

先輩職員を見て、学んだこと、感じたこと

お客さまとの信頼関係の築き方を、先輩職員から学んでいます。お客さまと信頼関係を築くためには、担当者の人間性や知識の豊富さが重要なポイントとなります。先輩方は、その両方を兼ね備えている方が多いため、日頃から、先輩と比べて自分に足りない点は何かと省みることにより、少しでも先輩職員に近づけるよう日々努めています。

Personal Message File

学生時代に打ち込んだこと

ゼミ活動です。ゼミでは、会計学に基づき会計システムについて学びました。決められたテーマに沿ってグループに分かれてプレゼンテーションを何度も行いました。プレゼンテーションを通じて、相手にどうしたら伝わりやすいのかということを学ぶことができ、今でもそのスキルはお客さまと接する際に役立っています。

就職活動時に、興味のあった業種・業界

会計学を専攻していたので、金融業界と民間企業の経理部門を中心に就職活動をしていました。

日本公庫(国民生活事業)を選んだ理由

私は以前から日常生活において身近な企業がどのようにして成り立ち、生活に役立っているのか興味がありました。日本公庫は圧倒的な数の、かつ多種多様な業種の方々と取引があるため、さまざまな企業の方々と触れ合うことができると思いました。政策金融機関として地域に貢献するとともに、たくさんの企業の事業内容を学ぶことができると感じたため、日本公庫を選びました。

周囲からよくいわれる自分

「温厚、素直」とよく言われます。お客さまからも、「日本公庫に相談するのは初めてで緊張していたけれど、話しやすい担当の方でよかった」という言葉を頂戴したことがあります。

趣味・特技

とにかく歩くことが好きで、目的地を決めずに外に出かけることが多いです。歩くことで、美味しそうな飲食店や、面白そうな雑貨屋などを見つけることができるため、新たな発見を求めていつも出歩いています。

休日の過ごし方

外に出て運動したり、友人とお酒を飲んだりしてリフレッシュしています。冬は雪が積もり部屋に籠ることも多いため、読書や音楽を聴いてリフレッシュしています。

就職活動中のエピソード

企業説明会などで顔を合わせた学生と交流することで友人関係が広がったことです。志望している業界が同じだと、同じ学生と顔を合わせる機会があります。その学生と交流することで、情報収集ができますし、就職活動後も交流が続き現在でも時々遊んでいます。

就職活動中のみなさんへのアドバイス

自分のなかで揺らぐことのない軸を作ってください。就職活動は内定を貰うための活動ではありません。内定を貰うために企業に合わせて本心でない回答をしていると、たとえ内定を貰って入社しても、その後に自分と会社に乖離が生じ、会社に馴染めない可能性があります。ここは譲れないという軸を持つことで、自分は何がしたいのかという本質に気づけるのではないかと思います。

自分を成長させてくれた言葉

「一は全、全は一」です。
小学生の頃に読んだ某有名漫画の言葉です。個の力は組織を持ってして生かされ、その逆も然りという意味で捉えています。幼いころにこの言葉からチームワークの重要性について学びました。

将来の目標を教えてください

お客さまの経営課題に対して、迅速かつ的確なアドバイスができる担当者になることです。そのために、自分の足りない部分を先輩職員に聞くようにしています。個人としてのレベルアップを図ることで、お客さまが経営のパートナーとして感じてくださるように、自己研鑽していきたいです。