資金ニーズを的確に把握し、最適な融資制度を提案する

日本公庫の第一印象と
入庫後の印象

政府系の金融機関であるため、かなりお堅い職場だという印象がありました。しかし、実際に働いてみると、職場の風通しはよく、柔和な方が多いという印象です。大きな組織ですが、担当者としての意見を尊重してもらえる働きがいのある職場です。

現在の仕事内容

営業・融資審査業務を担当しています。営業・融資審査業務は、資金を必要としているお客さまに融資の制度のご提案・融資審査を行う仕事です。日本公庫には政策に基づいてさまざまな制度があるため、営業担当として、お客さまのご状況や資金の使い道に応じて最も適した制度を提案しています。日本公庫ではコンサルティングにも力を入れており、経営課題の共有や連携している関係機関の専門家への引き継ぎも行っています。また、連携している税理士や商工会議所が支援している小企業への金融支援のほか、民間金融機関と連携した協調融資も行っています。このようにさまざまな手法を活用し、小企業の支援を行っています。

やりがいを感じる時

この仕事の面白さは、飲食店や商店などの身近な企業の経営者の方と関わることができる点にあると感じています。同じ業種でも商品・サービス内容は千差万別で、日々お客さまから学ばせていただいています。私たちが日々接するお客さまは小企業が多く、これから創業される方も多くいらっしゃいます。そういった方々が日本経済を動かす原動力となっており、ご融資という形で支援できることに大きなやりがいを感じています。特に創業の際に支援させていただいたお客さまが大きく成長しているのを見ると自身の励みにもなります。

思い出に残るエピソード

入庫3年目の時に担当させていただいたお客さまで、刺繍を実演で施した雑貨店への創業融資です。そのお客さまは女手一つで子どもを育てている方で、将来の養育資金を考え、創業するというものでした。話を伺うと、この商売はイタリアで盛んであり、技術習得のためにイタリア語を独学で身につけ、イタリアで修行してきたということでした。そのお客さまの熱意は今でも忘れられません。融資後、しばらくしてインターネットニュースでそのお客さまの記事を拝見し、電話をした際の「あの時支援してくれたから今の私があります」という言葉が私の宝物になっています。今もこの経験を思い出しながら、少しでも多くのお客さまの支援ができるようにと仕事に取り組んでいます。

将来の夢

お客さま一人ひとりへの支援を積み重ね、地域経済ひいては日本経済の発展に寄与することです。日本企業の99%以上は中小企業であり、そのうち85%はさまざまな業種の小企業が占めています。小企業は日本経済そのものです。国民生活事業は小企業金融のプロフェッショナルとし小企業への円滑な金融支援を行うという政策的役割を担っています。日本公庫は全国に152の支店があり、地域ごとに産業にも特色があります。限られた地域だけでなく日本全国という広いフィールドで活躍すべく自己研鑽に励み、日々業務を行っています。

ある一日

8:50 朝礼・課内ミーティング
当日のスケジュールやメールの確認
9:00 稟議書作成
10:00 お客さまとの面談
11:00 税理士事務所でクライアントの資金調達の相談を受ける
12:00 外出先で昼食
13:00 連携先金融機関を数件訪問
お客さまの協調融資について協議
14:30 帰社し、不在時の電話対応
15:00 稟議書作成
18:00 事前準備
翌日以降お会いするお客さまとの面談に備えた準備
19:10 退社、同僚と夕食
21:00 帰宅

Personal Message File

学生時代

学生時代はクリケットというスポーツに取り組んでいました。クリケットは日本ではマイナー競技ですが、サッカーに次ぐ世界第二位の競技人口を持つスポーツです。大学から始めた競技でしたがキャプテンとしてチームをまとめ、個人では大学生代表に選出されました。新しいことにチャレンジする姿勢が今に生かされていると感じます。

周囲からみた自分

「いつも笑顔」と言われます。時には気分が浮き沈みすることもありますが、周囲に不快感を与えることがないようにと心がけています。昔から行っていることなので特に意識している訳ではありませんが、お客さまからも親しみやすいという言葉をいただいたことがあり、継続していきたいと思っています。

好きな言葉

「成長は与えられるものではなく、自らの手で勝ち取るもの」です。
中学時代の野球部の監督に言われた言葉で、元々はアメリカの発明家の言葉だそうです。仕事でもプライベートでも大切にしている言葉です。

休日の過ごし方

体を動かすことが好きなので野球やクリケットなどさまざまなスポーツをしています。最近はボルダリングを始めました。また、お酒を飲むことも好きでよく友人と飲みに出かけています。

部外活動での経験

学生時代から行っているクリケットの大会運営を行っていました。クリケットは日本では競技人口が少なく、専門の運営組織がないため選手自らが運営を行う大会が多数あります。大会の企画から運営まで行ったことは貴重な経験になっています。

日本公庫(国民生活事業)を選んだ理由

経済学部出身ということもあり、金融機関中心に就職活動を行っていました。さまざまな企業説明会に参加するなかで、日本公庫の役割である創業融資に携わりたいと思うようになりました。他の金融機関も創業融資を行っていますが、創業融資については日本公庫が第一人者であるため志望しました。

日本公庫の一番好きなところ

創業支援を通じて起業家の夢の実現のサポートができるという点です。学生時代の友人が何人か起業したこともあり、起業家と身近に接していました。無知であった私はその友人らに何もサポートができなかったこともあり、創業支援に携われるこの環境に強く魅力を感じています。

就職活動のエピソード

部活動やアルバイトが忙しく、十分に時間が取れないなかでの就職活動であったため、一日に複数社まわっていました。多い日は一日に面接が4件入っていたこともあり、今思うともっと余裕を持ったスケジュール管理をすべきであったと反省しています。今となってはいい思い出となっています。

就職活動をするみなさんへのメッセージ

就職活動は長いようであっという間に過ぎていきます。自分が何をしたいのかの自己分析は本格的に就職活動が始まる前までにしておくべきです。自身の軸となるものを持つことで慌てることなく就職活動に望めるのではないかと思います。