キャリア支援

人材育成の概要・主な施策

日本公庫では、職員一人ひとりの能力・やる気をさらに高め、質の高いサービスを実現できるよう、多様な教育機会を提供しています。 政策金融を担う者として期待される役割を最大限に果たすため、現在、以下の施策に積極的に取り組んでいます。

  • ● 質の高いサービスを実現するための基礎教育の充実
  • ● 高度なマネジメント能力・専門性を強化するための人材アカデミーを開校
  • ● お客さまの多様なニーズに応えられる専門知識・スキル習得のための研修、資格取得支援

研修体系

日本公庫の教育体系は、集合研修、職場内教育(OJT)、外部研修、自己啓発支援の 4つに分類されます。
集合研修には、国民生活事業、農林水産事業、中小企業事業の3事業共通で実施する階層別研修のほかに、専門的な能力習得のために各事業がそれぞれの方針に基づいて実施する事業別業務研修があります。
また、職員の能力を最大限に活かし、強い組織力を発揮できるよう、高度なマネジメント能力及び高い専門能力を有する人材、女性管理職を育成するため、「人材アカデミー」を開校しています。
OJTは、配属された職場で日常業務を通じて、上司や先輩職員から計画的に指導を受けるものです。
外部研修では、中小企業診断士養成講座への研修派遣や関係省庁などへの業務派遣を行っています。
自己啓発支援は、財務分析や金融法務のスキルアップを図るための通信教育や中小企業診断士などの資格取得を支援する制度で、多数のメニューを整えています。

新人教育の特徴

新入職員には、日本公庫の社会的使命と役割を認識し、仕事への誇りと自信を早期に醸成することを目的として、特に力を入れて教育を行っています。
入庫後、国民生活事業、農林水産事業、中小企業事業の3事業合同研修を実施し、日本公庫の概要や社会人としての基礎を学びます。その後、各事業において専任スタッフによる集合研修とOJTを繰り返し、公庫業務に関する基礎知識、融資審査の基礎スキルを習得していきます。
新入職員が自律的な判断力を備え、自ら考えて行動する職員に成長できるよう、基礎的な知識から段階的にスキルアップできる体制を整備しています。

政策金融を担う者として、お客さまに寄り添い、さまざまなご相談に真摯に向き合い、しっかり応えられる人材に育ってもらいたいと考えています。そのために、新入職員研修では、金融や経営に関する基礎知識はもちろん、コミュニケーション力をはじめとする社会人としての基礎も学びます。日本公庫の職員としてお客さまに信頼を寄せていただくにはどうしたらよいかを常に考え、また、楽しく、やりがいをもって働く自身の将来の姿を描きながら、日々努力を重ねる習慣を身につけてほしいと思います。
より多くのお客さまのニーズにお応えできる政策金融機関職員をめざし、ともに学び、成長していきましょう。

尾川 芳晴 人事部 人財育成課長
新入職員研修体験者の声
Makiko Nakamura
中村 万希子 国民生活事業
吹田支店 総括課

新入職員研修では、社会人の基礎知識であるビジネスマナーをはじめ、簿記や財務分析などの金融知識を学びます。私は金融に関する知識に乏しく不安でしたが、講師の方々や、切磋琢磨する同期のおかげで習得することができました。
支店配属後は先輩職員によるマンツーマンのOJTを受けて業務に励んでいます。新しいことばかりで戸惑いも多いですが、他支店合同の勉強会や外部セミナーにも参加し、業務知識だけでなく社会人として必要な知識も習得させてもらっています。毎日成長していることが実感できる充実した日々が過ごせています。

Kaede Yamaguchi
山口 楓 農林水産事業
秋田支店 融資第二課

新入職員研修では、日本公庫の考え方と実務の両面を学ぶことができました。「政策金融機関である日本公庫が果たすべき使命とは何か」「そのために各事業がどのような業務を行っているのか」「具体的にどのような手順で行うのか」を体系的に教えていただけたので目的意識を持って研修に臨むことができました。そのなかで農林漁業特有の業界事情や業務で使用するシステムの操作方法を学べたので、支店に配属されてからスムーズに業務に取り組めています。
日本公庫では新入職員研修をはじめ、配属後のフォローアップ研修やエリア別の研修など、さまざまな研修が用意されていて、若手職員を育てる体制が整っていると感じます。また、OJT制度が導入されており、OJT担当の先輩職員から実際の業務に付随した知識や経験に基づく的確なアドバイスを受けることができます。

Tatsuki Shigeta
繁田 樹 中小企業事業
池袋支店 総括課

新入職員研修では、ビジネスマナーをはじめとした社会人として働くために必要な知識と、「簿記」や「担保査定」、「決算書の見方」など、日本公庫での業務を進めていくために必要な知識を学ぶことができました。私は金融に関わる知識があまりなく、当初は戸惑いを感じることも多々ありました。しかし研修カリキュラムが基礎の基礎から学べる内容となっているため理解しやすいことに加え、不明な点は随時、教育担当の方々や同期に質問・相談することで一つずつ解決し、徐々に知識を習得していきました。
支店に配属された現在は、OJT担当の先輩職員をはじめ、支店の先輩方から丁寧な指導を受けており、「支店全体で若手職員を育てる風土」を感じています。このような環境のなかで、新人研修で学んだ知識を活かしつつ前向きにさまざまな業務に取り組み、日々成長していることを実感しています。

研修体験者・資格取得者の声
体験した研修 中小企業診断士養成課程研修、
民間企業への企業派遣研修
東京中央支店 融資第一課 助川 修義 Nobumichi Sukegawa 平成23年入庫
商学部 会計学科卒
Q1
体験された研修制度と研修内容について教えてください。
私が体験した研修制度は、半年間の中小企業診断士養成課程研修および1年間の民間企業への企業派遣研修です。中小企業診断士養成課程研修とは、一次試験合格者が中小企業庁のカリキュラムを終了することにより、中小企業診断士の登録試験が与えられるものです。その研修では、講義やグループワークを通じて知識の習得を図り、実際に中小企業に対して改善提案を行う実習を通してコンサルティングスキルを磨くことができました。企業派遣研修では、実際の業務を1年間行うことで民間企業の経営の実態を学ぶことができました。
Q2
研修を受けるまでの経緯を教えてください。
審査業務にあたり、お客さまの多岐にわたる経営課題に対してアドバイスするための知識やノウハウが自分に足りないと感じていました。そんなときに幅広く経営について勉強ができる中小企業診断士の資格取得に向けた勉強を始めました。以前から養成課程研修に行っていた先輩方から、企業へのコンサルティング実習などで実践を積むことができる当研修のメリットを聞いていました。中小企業診断士の一次試験に合格した際には、当研修への参加にチャレンジしたいと思っていました。
Q3
研修を体験されて苦労されたこと、
心がけていたことなどを教えてください。
普段の業務では、使用しないパソコンスキルやロジカルシンキングなどの習得に苦労しました。養成課程研修では、改善提案書を作成するために問題点や課題を抽出するなどの正確な情報を収集する必要があります。その情報収集の方法やその分析手法について、知識の習得を心がけるとともに同じチームのメンバーと議論などを行い、切磋琢磨しながらノウハウを共有しました。
Q4
研修(派遣先)で得た経験や知識などを教えてください。
企業派遣研修では、工場で力作業を行うことや営業同行を行うなど、派遣先企業の全部署を経験することができました。その後、数々の改善プロジェクト(新事業構築、基幹システム構築、ホームページの更新など)に参加をして新しい取組みを社員の方とともに行いました。実際の現場を経験したうえで経営陣と今後の戦略を考えたことで、民間企業でしか味わえない仕事の進め方、考え方を学ぶことができました。プロジェクトでは中小企業診断士養成課程研修で学んだことを応用することやIT関係の専門的知識を学ぶ必要があったため、自己研鑚に励みました。
Q5
経験と資格を今後どのように活かしていきたいかを教えてください。
中小企業診断士としての知識や企業派遣研修で学んだことを活かし、ご相談いただいたお客さまに的確なアドバイスができるようになりたいと思っています。経営者の方と同じ目線で経営課題を検討し、一緒に解決策を考えていきたいです。財務内容などの表面的なものではなく、お客さまの強み、課題を整理して、今後の外部環境を踏まえてどのような戦略が必要であるか、日本公庫としてどのようなサポートができるかを検討していきたいと考えています。
研修体験者・資格取得者の声
習得した資格 農業経営アドバイザー
北見支店 融資課 柴田 祐作 Yusaku Shibata 平成23年入庫
生物資源環境科学府
農業資源経済学専攻修了
Q1
取得された資格の内容、
その資格がどのように業務に活かせるのかを教えてください。
農業経営アドバイザー制度とは、農業経営者に対する経営改善支援に必要なノウハウを有する人材育成を通じて、農業経営の発展に寄与することを目的として創設された制度です。私は平成29年度に農業経営アドバイザーの資格を取得し、畜産業者に対する6次化支援として、農家レストランの円滑な開店に向けたコンサルティングを実施しました。具体的には、マーケティング会社などと連携して、立地条件の良い店舗探しから始め、商品開発やマーケティング、収支計画の作成支援、試食会による課題の抽出などを行いました。
Q2
資格取得までの経緯を教えてください。
農業経営者は生産だけにとどまらず、自ら加工・販売等の6次化に取り組むことで、直接消費者に自分の作った商品を届けたいという思いを強く持っています。また、経営規模の拡大に伴い農業経営者の法人化も増えています。農業経営の多様化により農業経営者が抱える課題は複雑となっており、日本公庫の職員は、その課題に対応するため、農業経営の発展に向けたコンサルティング機能の発揮も求められるようになっています。そこで、私は、今まで以上に知見を深め農業経営者の信頼を得られるようになるため、農業経営アドバイザーの資格を取得することを決意しました。
Q3
研修を体験されて苦労されたこと、
心がけていたことなどを教えてください。
農業経営アドバイザーの資格の取得にあたって、東京で5日間の研修・筆記試験のほか、後日面接試験が行われます。当研修では、農業簿記、農業税務、農業経営診断、労務管理、マーケティングおよび農業政策など、多岐にわたって専門知識を学ぶ必要があります。職員は日々の業務の中で農業分野の専門知識に触れる機会が多いですが、内容が難しくボリュームもあるため、研修後や通勤時間に毎日コツコツと復習することによって、理解の定着に努めました。
Q4
資格を取得してよかったこと、変わったことなどを教えてください。
北海道では、毎年1回、北海道農業経営アドバイザー連絡協議会「かけはし」という農業経営アドバイザーのスキルアップを目的とした勉強会および交流会を札幌市で実施しています。「かけはし」では、農業への新規参入や事業承継などの最重要の地域課題について講演を行ってもらうほか、農業経営アドバイザーとしてどのような支援ができるか、グループに分かれてディスカッション・意見交換を行います。「かけはし」には、毎年、全道から100名ほどの農業経営アドバイザーが参加しており、人脈を広げることにも大きくつながっています。
Q5
資格を今後どのように活かしていきたいかを教えてください。
農業経営者が抱える課題を解決するにあたって、税務・会計・労務などの高度な専門知識を必要とすることが多いため、日本公庫の職員のみでの課題解決は非常に難しいと思います。大切なのは外部の専門家と連携して、地域を巻き込んで農業経営者を支援していくことだと考えています。まずは農業経営アドバイザーとして、農業経営者の身近な存在として経営相談をされるようになりたいと考えており、経営分析による課題の抽出に努めたいと思います。課題が浮き彫りになった時点で外部の専門家との連携を強化し、課題解決をサポートしていきたいと考えています。
研修体験者・資格取得者の声
体験した制度 海外留学制度
さいたま支店 融資第一課 佐藤 綾音 Ayane Sato 平成23年入庫
文学部 行動文化学科卒
Q1
体験された制度と内容について教えてください。
日本公庫の留学制度に応募し、イギリスのオックスフォード大学への留学を経験しました。留学中は、主にイギリスの大学院への進学を目指す学生が受講する1年間のカリキュラムに参加し、20~30代の世界各国から集まった学生たちとともに、イギリス・ヨーロッパの政治文化などを幅広く学びました。授業はすべて英語で行われ、座学講義だけでなく、ディスカッションやスピーチ、校外学習などさまざまな形式で授業が行われ、毎学期の小論文提出などを通じてイギリス流の論文の書き方なども学びました。
Q2
制度に応募するまでの経緯を教えてください。
入庫するまでは海外で働くことはまったく考えていませんでしたが、最初に配属された支店に海外勤務経験のある先輩がいたことが海外での仕事に興味を持つきっかけになりました。また、当時、海外に進出し、事業をしているお客さまが増えていましたが、お客さまの抱える現地事情に関する質問や悩みなどになかなか答えられないことが多く、自分の経験のなさを痛感したこともあり、日本公庫の留学制度を活用して、世界中から学生の集まるイギリスという地で、英語を通じたコミュニケーション力を鍛えたいと思い、応募しました。
Q3
留学制度を体験されて苦労されたこと、
心がけていたことなどを教えてください。
1年間という短い時間のなかで、ネイティブスピーカーの学生と同じ土俵で与えられた課題をこなしていき、毎週の個人発表や毎期末のレポート作成に取り組んでいかなければならず、私自身の英語力のなさもあり大変苦労しました。また、細かい話ですが、教師への接し方や論文の構成など、日本の学生時代に学んだ内容と違った対応が求められることがあり、「イギリス流」に慣れるのに時間がかかりました。寮生活や食事など普段の生活で戸惑ったことも多々ありましたが、違いを受け入れるということを学ぶことができ、貴重な経験となりました。
Q4
海外留学で得た経験や知識などを教えてください。
寮生活におけるソーシャル活動など日常生活のなかでの交流を通じて、ネイティブ・ノンネイティブ関係なく英語を通じたコミュニケーションが取れるようになりました。また、大学の授業でのディスカッションやスピーチ、論文執筆を通じて、ビジネスにも通じる論理的な話し方や文章構成を学ぶことができました。同級生の中には弁護士や経営者など社会人経験のある学生もおり、さまざまなバックグラウンドを持った人と1年間ともに学び、意見を交わすことができたことは自身の人生経験においても大変刺激になりました。
Q5
海外留学での経験を
今後どのように活かしていきたいかを教えてください。
現在は、支店で営業担当としてお客さまのさまざまニーズにお応えする業務についていますが、将来的には、留学中に培った、英語を通じたコミュニケーション力が活かせるような仕事がしたいと考えています。中国や東南アジアを中心に海外進出されているお客さまは多数いらっしゃいますので、海外展開するお客さまの抱える課題に具体的な解決策をご提案できるような仕事をしていきたいです。