新型コロナウイルス感染症の影響により、今年度予定しておりました、
第8回「創造力、無限大∞ 高校生ビジネスプラン・グランプリ」の開催中止を決定いたしました。
来年度の開催については決定次第、当ホームページ上でお知らせいたします。

WHAT’STHE GRAND PRIX?

ビジネスプラン作成のポイント

ビジネスプラン項目・審査ポイント

POINT1
商品・サービスの内容

商品・サービスに高校生ならではの豊かな発想や着眼点があるか。人々の生活や世の中の仕組みの改善、または地域・社会に貢献する事業内容であるか。

POINT2
顧客

ニーズを把握し、具体的な顧客(ターゲット)を想定しているか。販売方法や広告・宣伝方法が具体的で、商品・サービスの内容とマッチしているか。

POINT3
必要な経営資源

必要な経営資源(ヒト、モノ、技術・ノウハウ)等が考慮されているか。

POINT4
収支計画

ビジネスを継続できるだけの売上・利益が見込まれるか。

ビジネスプラン審査の流れ

1.書類選考

ビジネスプランの項目別に日本公庫の職員が評価します。

・商品・サービスの内容
・顧客
・必要な経営資源
・収支計画

2.ファイナリスト決定

外部の審査員および高校生ビジネスプラン・グランプリ実行委員会(日本公庫の職員で構成)が、内容を精査のうえ、ファイナリスト10組を決定します。

3.最終審査会

ファイナリスト10組によるプレゼンテーションでグランプリを決定します!

最終審査会では、「プレゼンテーション力」も審査の対象となります。

ビジネスプランの例

人々の生活をより良いものに変えるプラン

農業者の労働力軽減のため、除草作業を補助する機能等が付いた農業用低コストアシストカートを開発・販売するプラン。

世の中の仕組みをより良いものに変えるプラン

魚のプラスチック誤食防止を目的に、魚が嫌う味の天然成分を含む生分解性プラスチックピニール袋を開発販売するプラン。

地域の課題を解決するプラン

鳥獣被害の低減および農家の収入安定化を図るため、伝統野菜である徳山唐辛子の苗や加丁食品を販売するプラン。