WHAT’STHE GRAND PRIX?

ビジネスプラン作成のポイント

ビジネスプラン項目・審査ポイント

POINT1
商品・サービスの内容

商品・サービスに高校生ならではの豊かな発想や着眼点があるか。人々の生活や世の中の仕組みの改善、または地域・社会に貢献する事業内容であるか。

POINT2
顧客

ニーズを把握し、具体的な顧客(ターゲット)を想定しているか。販売方法や広告・宣伝方法が具体的で、商品・サービスの内容とマッチしているか。

POINT3
必要な経営資源

必要な経営資源(ヒト、モノ、技術・ノウハウ)等が考慮されているか。

POINT4
収支計画

ビジネスを継続できるだけの売上・利益が見込まれるか。

ビジネスプラン審査の流れ

1.書類選考

ビジネスプランの項目別に日本公庫の職員が評価します。

・商品・サービスの内容
・顧客
・必要な経営資源
・収支計画

2.ファイナリスト決定

外部の審査員および高校生ビジネスプラン・グランプリ実行委員会(日本公庫の職員で構成)が、内容を精査のうえ、ファイナリスト10組を決定します。

3.最終審査会

ファイナリスト10組によるプレゼンテーションでグランプリを決定します!

最終審査会では、「プレゼンテーション力」も審査の対象となります。

ビジネスプランの例

人々の生活をより良いものに変えるプラン

自転車の交通安全支援を目的に、走行映像が記録できる自転車専用の内蔵式ドライブレコーダーを販売するプラン

世の中の仕組みをより良いものに変えるプラン

階段昇降によって運動不足の解消・健康増進を提案する専用アプリを開発するプラン

地域の課題を解決するプラン

荒廃した放置竹林の竹を活用した災害用懐中電灯およびバイオトイレを販売するプラン

ページの先頭へ プラン提出期限 9/25