• ホーム
  • 高校生ビジネスプラン・グランプリ 2013-2017
襷 TASUKI5TH ANNIVERSARY BOOK

高校生ビジネスプラン・グランプリ 2013-2017

⾼校⽣たちのビジネスプランには、⼤⼈では考えつかない斬新なアイデアが満ちています。
それらは、ときとして学校や地元の企業、⾃治体をも巻き込むプランへと成⻑します。
特産品の活⽤で地域活性をめざす2つの事例、社会の課題に新たな視点で取り組んだ事例、
そして、⾼校⽣ビジネスプラン・グランプリの参加を機に起業を選択したOBとOGを紹介します。

商品開発・地域活性化

事例
1
事例1 写真

北海道⼠幌⾼等学校

「ヌプカの雪解け」には、先⽣と⽣徒の夢、⽀援者の思いと⼠幌の未来が詰まっている。

事例
2
事例2 写真

和歌⼭県⽴神島⾼等学校

地域の特産品を徹底活⽤
商品開発でヒット連発

事例
3
事例3 写真

専修⼤学附属⾼等学校

伊⾖⼤島の⽣態系問題に⾼校⽣の発想⼒が⼀⽯を投じる

教職員の挑戦

教員⿍談 写真

教員⿍談

⽣徒の成⻑を実感した⾼校⽣ビジネスプラングランプリ。
常連⾼校の教諭3⼈が、⾝近で⾒守っているからこそ感じた⽣徒たちの成⻑ぶりと地域社会とのかかわりについて語り合った。

OB・OG 起業事例

起業事例
1
起業事例1 写真

株式会社タイミー
代表取締役社長

⼩川 嶺さん

このビジネスで世界を変えられる、そう思うと時間を無駄にできない。だから、就職ではなく起業を選んだ。

起業事例
2
起業事例1 写真

株式会社 Recno
代表取締役

望⽉ まいさん

⼤好きなことを仕事にしたい︕ファイナリストの⼥⼦⾼⽣がオリジナルバックで起業。

ページの先頭へ プラン提出期限 9/25