• ホーム
  • 高校生ビジネスプラン・グランプリとは

高校生ビジネスプラン・グランプリとは

日本の未来、地域の未来を切り拓くビジネスプランを募集します!

活力ある日本を創り、地域を活性化するためには、次世代を担う若者の力が必要です。実社会で求められる「自ら考え、行動する力」を養うことのできる起業教育を推進することを目的として、ビジネスプラン・グランプリを開催します。

グランプリ紹介動画(約5分)

はやわかり!
『高校生ビジネスプラン・グランプリ』

100%政府出資の政策金融機関、日本政策金融公庫が開催する
ビジネスプラン・グランプリです。

JFC 日本政策金融倉庫

主催日本政策金融公庫
後援財務省、文部科学省、厚生労働省、農林水産省、経済産業省、沖縄振興開発金融公庫、日本商工会議所、全国商工会連合会、公益財団法人全国商業高等学校協会、公益財団法人産業教育振興中央会、株式会社東京証券取引所、一般財団法人ベンチャーエンタープライズセンター、日本公認会計士協会、日本税理士会連合会、公益社団法人日本ニュービジネス協議会連合会

日本の未来、地域の未来を切り拓く
ビジネスプランを募集します!

高校生イメージ

高校生ならではの自由な発想や創造力を活かしたビジネスプランを日本全国から大募集します!

日本全国の高校生が対象。
昨年度(第4回)のエントリー総数2,662件(324校)!

グラフ

平成28年度(第4回)はエントリー総数2,662件、参加校数324校、参加生徒数7,520名といずれも過去最多!
これからの時代に求められる資質・能力の育成を目的とした
『アクティブラーニング(注)』を充実させるために、生徒が自ら考え、行動し、
ビジネスプランを作成する当グランプリを活用するケースが広がっていると考えられます。

(注)

アクティブ・ラーニングとは、「主体的・対話的で深い学び」を実現することで、
知識が生きて働くものとして習得され、必要な力が身につくことを目指すもの
(平成28年5月 教育の強靭化に向けて(文部科学大臣メッセージ)より抜粋)。

各地からファイナリスト(10組)が
東京大学伊藤謝恩ホール(東京都文京区)に集結!
最終審査会(プレゼンテーション)にてグランプリを決定!!

  • 東京大学伊藤謝恩ホール
  • 東京大学伊藤謝恩ホール
  • 東京大学伊藤謝恩ホール

最終審査会に進出するファイナリスト10組をご招待(注)
表彰式のほか、起業家による特別講演やファイナリスト同士の親睦を深めるための交流会を開催!

(注)

  • 最終審査会・表彰式への参加には、 教員の引率が必要です。
  • 交通費など最終審査会・表彰式への参加費用(4名分(教員1名・生徒3名 )まで)を日本公庫が負担します。
  • プレぜンテーションの発表者は3名までです。

日本公庫の職員が全国各地の高校を訪問、
「出張授業」でビジネスプラン作成をサポートします!

  • 出張授業の様子
  • 出張授業の様子
  • 出張授業の様子

日本公庫の職員があなたの高校を訪問し、無料で「出張授業」を実施します。
ビジネスプランの作成について、入門的なものから実践的なものまでご用意しています。

応募資格
全国の高等学校(中等教育学校後期課程を含む)の生徒からなるグループまたは個人
募集内容

若者ならではの自由な発想や創造力を活かした次のプラン

  • 人々の生活や世の中の仕組みをより良いものに変えるビジネスプラン
  • 地域の課題や環境問題などの社会的な課題を解決するビジネスプラン
ページの先頭へ エントリー締切 9/15