• ホーム
  • 高校生ビジネスプラン・グランプリとは

高校生ビジネスプラン・グランプリとは

高校生のビジネスプランを競う全国規模の大会。
日本の未来、地域の未来を切り拓くビジネスプランを募集します!

活力ある日本を創り、地域を活性化するためには、次世代を担う若者の力が必要です。日本政策金融公庫は、将来を担う若者の創業マインド向上を目的に、全国の高校生および高専生(1~3年生)を対象としたビジネスプラン・グランプリを開催しています。

グランプリ紹介動画(約5分)

はやわかり!
『高校生ビジネスプラン・グランプリ』

全体スケジュール

2021年7月1日(木)~
2021年9月29日(水)

受付開始
2021年7月1日(木)
郵送での応募
2021年9月22日(水)必着
WEBでの応募
2021年9月29日(水)

※4月~9月
出張授業
(ビジネスプラン作成サポート)

11月下旬

ファイナリスト10組を含む
ベスト100決定!

ファイナリスト10組
1月の最終審査会に出場

2022年1月9日(日)

最終審査会で
ファイナリスト10組による
プレゼンテーションを実施

グランプリ、
準グランプリ等の決定

※応募受付・審査期間、最終審査会開催日は令和3年度(第9回)の開催情報です。

応募資格

全国の高等学校(中等教育学校後期課程を含む)および
高等専門学校(1~3年生のみを対象)の生徒からなるグループまたは個人

JFC 日本政策金融倉庫

主催日本政策金融公庫
後援財務省、文部科学省、厚生労働省、農林水産省、経済産業省、中小企業庁、沖縄振興開発金融公庫、日本商工会議所、全国商工会連合会、公益財団法人全国商業高等学校協会、公益財団法人産業教育振興中央会、株式会社東京証券取引所、一般財団法人ベンチャーエンタープライズセンター、日本公認会計士協会、日本税理士会連合会、公益社団法人日本ニュービジネス協議会連合会

全国の高校生・高専生が対象。
平成31年度(第7回)の応募総数3,808件(409校)!

応募高校数の推移
応募高校数の推移図

平成31年度(第7回)は応募総数3,808件、参加校数(409校)、参加生徒数10,739人!
これからの時代に求められる『主体的・対話的で深い学び』の実現に役立つ施策として
全国の高等学校・高等専門学校から注目を集めています。

※新型コロナウイルス感染症の影響により、全国の多くの高等学校等において休校措置となりました。
学校再開後も高校生・高専生の皆さまがビジネスプランの作成に必要な時間を
十分に確保することは困難であろうとの判断により、第8回は開催中止となりました。

各地からファイナリスト(10組)が
最終審査会にてプレゼンテーションを実施し、
グランプリを決定!!

    • グランプリ 奨励金20万円
    • 準グランプリ 奨励金10万円
    • 審査員特別賞 奨励金5万円
    • 優秀賞 奨励金2万円
  • <その他の表彰>
    • セミファイナリスト賞 奨励金1万円
    • 学校賞
    • 高校生ビジネスプラン・ベスト100
会場 東京大学伊藤謝恩ホール(東京都文京区)※
特別講演 起業家または有識者を招き、起業の意義や、社会で必要となる力についてお話いただきます。
交流会 最終審査会終了後、ファイナリスト同士や審査員との親睦を深めるために交流会を開催します。
審査員 大学教授、起業家、起業教育関係者など8名程度を予定

(※)新型コロナウイルス感染症の感染状況により、無観客での開催やオンライン開催など、最終審査会の実施方法は変更になる可能性があります。

  • 東京大学伊藤謝恩ホール
  • 東京大学伊藤謝恩ホール
  • 東京大学伊藤謝恩ホール

最終審査会に進出するファイナリスト10組をご招待(注)
表彰式のほか、起業家による特別講演を開催!

(注)

  • 最終審査会・表彰式への参加には、 教員の引率が必要です。
  • 交通費など最終審査会・表彰式への参加費用(4名分(教員1名・生徒3名 )まで)を日本公庫が負担します。
  • プレゼンテーションの発表者は原則3名までです。

日本公庫の職員が全国各地の学校を訪問、
「出張授業」でビジネスプラン作成をサポートします!

  • 出張授業の様子
  • 出張授業の様子
  • 出張授業の様子

日本公庫の職員があなたの学校を訪問し、無料で「出張授業」を実施します。
ビジネスプランの作成について、入門的なものから実践的なものまでご用意しています。