新たな事業に挑戦する中小企業、ベンチャー企業をご支援されている皆様へ

日本公庫が行う新事業・ベンチャー支援のイメージ

日本公庫中小企業事業では、製品やサービスの研究・開発ステージを終え、事業化へ向けていわゆる「死の谷」や「ダーウィンの海」を超えようとする事業ステージの中小企業、ベンチャー企業を積極的に支援しています。この事業ステージにおける資金供給は十分ではなく、政策金融が必要とされる分野と考えています。

主な資金調達

※創業期の起業・開業支援についてお知りになりたい方はこちらへ→創業支援のページ

ベンチャー支援機関との連携

日本政策金融公庫では、新事業・ベンチャー支援機関の皆様と、新事業・ベンチャー支援のノウハウ共有等、連携強化を目的とした覚書の締結や、地域ベンチャー支援の活性化を目的とした情報交換会等を定期的に開催しています。


〔参考:これまでに本部を窓口として、新事業・ベンチャー支援に関する業務連携の覚書締結をした機関〕

池田泉州キャピタル 科学技術振興機構 三井住友銀行 三菱東京UFJ銀行 みずほ銀行

〔参考:地域ベンチャー支援の活性化を目的とした情報交換会〕

北海道のベンチャー支援に係る情報交換会

当公庫は利用者が当ホームページに掲載された内容によりなされた判断による一切の行為について、何ら責任を負うものではありません。

ページの先頭へ