国産農林畜水産物を取り扱う食品産業向け資金制度のご案内(農林水産事業)

日本政策金融公庫 農林水産事業は、政策金融機関として、農林漁業や食品産業の皆さまへの融資を通じて、国内農林水産業の体質強化や安全で良質な食料の安定供給を支えています。詳しくは最寄の店舗(農林水産事業)又はお問い合わせ先(農林水産事業)までご相談ください。

資金の特徴

長期返済 固定金利
資金計画が立てやすい 金利上昇のリスクが無いので安心
ご利用いただける方 国産農林畜水産物を加工・販売している中小企業者の皆さま
資金の使いみち 食品の加工・流通・販売に必要な施設
※詳細は以下の資金制度一覧をご覧ください。
利率(年)

こちらをご覧ください。

ご返済期間 10年超15~25年以内(うち据置3~5年以内)
※制度により異なります。詳細は各資金のページをご覧ください。
融資限度額 負担額の40~80%以内
(※制度により異なります。詳細は各資金のページをご覧ください)
担保・保証人 担保・保証人については、ご相談のうえ決めさせていただきます。
ご留意いただきたい事項 事業の計画について都道府県知事の承認を受けるなどの行政手続き等が必要となる場合があります(公庫でお手伝いいたします)。
お取引のある銀行や信用金庫などを窓口としてご利用いただけます。
審査の結果により、ご希望に沿えない場合がございます。

上記以外にも資金をご利用いただくための要件等がございます。詳しくは、最寄りの日本政策金融公庫支店(農林水産事業)までお問合せください。

資金制度一覧

資金の使いみち 資金名
製造又は加工の事業 HACCPを導入する施設、またその前段階の衛生・品質管理を行うための施設、これらと一体で導入する生産施設の設備資金、特別の費用及び権利の取得資金 食品産業品質管理高度化促進資金 (HACCP資金)
農産物の輸入自由化や国境措置の変更により影響を受ける特定農産加工業者の経営改善に必要な設備資金、特別の費用及び権利の取得資金 特定農産加工資金
中山間地域の農林畜水産物又はその加工品を原材料とする製造・加工又は販売する事業に必要な設備資金、特別の費用及び権利の取得資金 中山間地域活性化資金
食品製造業者と農林漁業者とが提携して行う事業に必要な設備資金、食品製造業者による農業生産法人への出資金 食品流通改善促進資金(食品生産製造提携事業施設)
乳業メーカーの行う飲用牛乳用処理施設、乳製品製造施設及び流通施設の整備に必要な設備資金 乳業施設資金
需要の増進を図ることが必要な特定農林水産物の新規の用途や新品種の採用を推進するのに必要な設備資金、特別の費用及び権利の取得資金 新規用途事業等資金
水産物の加工に必要な設備資金、特別の費用及び権利の取得資金 水産加工資金
販売又は小売(飲食)の事業 中山間地域の農林畜水産物又はその加工品を原材料とする製造・加工又は販売する事業に必要な設備資金、特別の費用及び権利の取得資金 中山間地域活性化資金
食品販売業者と農林漁業者が提携して行う、産地から小売段階までの生鮮食品等に係る施設整備に必要な設備資金 食品流通改善資金(食品生産販売提携事業施設)
乳業メーカーの行う飲用牛乳用処理施設、乳製品製造施設及び流通施設の整備に必要な設備資金 乳業施設資金
卸売市場の開設者、卸売業者、仲卸業者等が行う施設整備に必要な設備資金 食品流通改善資金(卸売市場近代化・機能高度化)
その他製造、加工、流通又は販売の事業
  1. 食品又は飼料の原料となる米穀の配送・保管、米穀を原料とする米粉、米粉パン等の食品又は飼料の製造・流通に必要な設備資金
  2. これらの研究開発に必要な設備資金、特別の費用及び権利の取得資金
食品安定供給施設整備資金(米穀新用途利用促進)
以下の設備投資 食品安定供給施設整備資金(米穀新用途利用促進以外)
農商工等連携促進法に基づく認定事業者の方 農業改良資金(認定中小企業者向け)
六次産業化法に基づく促進事業者の方 農業改良資金(促進事業者向け)

ページの先頭へ