新株予約権付融資

新株予約権付融資の概要

お申込み企業が新たに発行する新株予約権を当公庫が取得し、必要な資金を無担保で供給する仕組み(新たに発行される普通社債の取得又は貸付のいずれかによります)です。

新株予約権とは、発行時に定められた価額で、所定の株数の株式を所定の期間内に取得することができる権利です。

融資限度額 1億2千万円 (本制度の融資及び社債の合計の限度は6億円)
ただし、取得する新株予約権は、原則として、新株予約権を行使したものとして算出される株式数が、発行済株式総数を超えないものとします。
新株予約権
の行使価額
新株予約権取得時の株式の時価
社債金額又は貸付額と新株予約権の行使に際して払込みすべき金額の割合 原則として1:1
新株予約権
の発行価額
無償
利率(年) 基準利率(上限3%)
ご返済期間 7年以内
償還方法 原則として分割償還
予約権割合 原則として100%個別事情を勘案のうえ、50%を下限に決定します。
※予約権割合=行使価額の総額/融資金額
新株予約権
の行使など
行使期間 新株予約権発行日から償還期限まで
その他 社債及び新株予約権の発行にあたっては、取締役会や株主総会の開催等、所定の社内手続きが必要となります。

上記は本制度の概要です。詳しくは日本公庫各支店の中小企業事業の窓口にお問合せください。

ページの先頭へ