ページの先頭へ

STEP
4. 決済
10.代金決済

代金決済にあたっては、代金回収リスクと為替変動リスクがあります。
ここでは、決済方法の紹介や、各リスクの軽減方法について紹介します。

本文画像
1. 代金回収リスクへの対処

輸出取引では、いかに早く確実に輸出商品に対する代金を回収するかが重要です。そこで、売買契約締結後速やかに入金してもらうよう取引相手と交渉することが重要です。また、次項で紹介する、信用状を活用した決済方法も、代金回収リスクを軽減するために有効な手段です。

2. 主な代金決済の種類

代金決済には、以下のとおり、決済上の銀行間の指図と資金(お金)の流れが同一方向となる「並為替」と決済上の指図と資金の流れが逆方向となる「逆為替」に分かれます。

主な代金決済の種類
参考

信用状のしくみ

信用状とは、輸出地及び輸入地の銀行が、輸出者及び輸入者の間に介在することで、輸出者、輸入者双方の決済にかかるリスクを減少させる代金決済方法です。輸入地側の銀行は信用状(L/C)を発行し、輸入者の支払いを輸出地側の銀行に確約します。輸出地側の銀行は、輸出者から持ち込まれた船積書類と引き換えに、信用状に基づいて代金を支払います。

信用状のしくみ
コラム トラブル事例 Vol.4

事例

輸出を行うD社は、売上の入金を全額前払いとすることで、回収リスクを減らしたいと考えています。しかし、相手が後払いしか了承出来ないと主張しており、D社は対応に悩んでいます。

トラブル事例 Vol.4

対策

決済条件にはリスクの低い順に以下があることを理解しておく必要があります。
①代金の前払い(前受け)(T/T送金)
②銀行信用状(L/C)付き荷為替手形決済
③信用状なしD/P(支払い渡し)、D/A(引き受け渡し)決済
④後払い(銀行保証状付き)
⑤後払い(後受け)
後払いは最もリスクが高いため、少なくとも前払い比率を高めるべく交渉する必要があります。また、後払いよりもリスクが低い方法を提案したり、場合によっては、契約自体しない(他社を探す)ことも検討します。

3. 為替変動リスクへの対処

為替は常に変動しているため、外国との取引で外国通貨を使用する場合、損失が生まれる為替変動リスクが生じます。このリスクを回避するための代表的な方法を紹介します。

為替変動リスクへの対処
コラム トラブル事例 Vol.5

事例

E社はアジア各国へ雑貨を輸出しています。米ドル決済で売買契約を締結しているため、これまでは円安の恩恵を受けていましたが、現在円高が進行しており、収益見通しが急速に悪化しています。

トラブル事例 Vol.5

対策

上記で説明した対処方法に加えて、輸出価格の再交渉、付加価値が高い商品を取り扱うことで為替変動の影響を軽減する、輸出に加えて輸入事業を行うことで、輸出で得た米ドルを輸入決済に利用する等の対処法で、円高リスクの軽減を図ります。

11.クレーム対応

貿易取引等の国際商取引では、さまざまなトラブルや金銭の伴う損害賠償を求めるクレームが発生することがあります。契約の相手方へのクレームや船会社・保険会社等へのクレームの請求は、いずれも客観性や合理的裏付けのあるものでなければなりません。トラブルの解決方法には以下のような方法があります。

トラブルの解決には、客観性や合理的裏付けのある資料等を用意する必要があり、専門知識が必要ですので、専門機関と相談をしながら手続きを進めるようにしてください。

トラブル解決方法