【農林水産業における成長分野への対応】(新規就農・企業参入)

新規就農し、加工品の本格生産が可能な施設を整備しました。


お客さまプロフィール

氏名

高田 昭寛

都道府県

静岡県

業種

露地野菜(白ネギ)

融資対象

集出荷・加工施設

経営規模

4.5ha

利用資金

スーパーL資金

高田昭寛氏

高田昭寛氏

Q1. 投資のきっかけや内容について教えてください。

4年前に新規就農し、白ネギを周年栽培しています。それまで集出荷をビニルハウスで行っていたため、夏はネギが傷んでロスになることも。また、ネギのドレッシングなど加工品製造も手掛け、消費者の反応も良いのですが、手作りのため増産が困難でした。そこで、環境制御のできる集出荷場と機械化した加工品製造ラインを備えた施設の整備を決断しました。

Q2. 公庫資金を利用されたポイントは何ですか?

施設がフル稼働するまで、元金の返済を据え置くことができるのが魅力です(※)。また、6次産業化など将来の構想を事業計画に具体化するに当たって、日本公庫からアドバイスを受けられたことも利用の決め手になりました。

※審査の結果、ご希望に添えないこともございます。

Q3. 公庫資金を活用されていかがでしたか?

出荷体制の整備により取引先の信頼を得て、販路拡大につながりました。これからは加工品の増産や新製品の開発にも安心して取り組むことができます。引き続き日本公庫の心強いバックアップを期待しています。

ページの先頭へ